スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前世の整理整頓③

ああ、神殿の戦士の刺青だ・・・。

なぜ太陽の刺青を見て、tokage@現世がそう思ったかは解りません。ただ、自然に「そう思った」のです。

ヒプノで前世・過去生に戻ると、こういう事は普通にあります。カッコイイ言い方すると「記憶が蘇る」んでしょうね。

tokageは聴覚型ではないので音は聞こえないのですが、怒声や悲鳴、泣き声などが周囲から上がっているような気がします。

そして場面は変わって。tokage@前世が、高床式の神殿の中から、下の街をしょんぼりと見下ろしています。世代交代した巫女は供物として殺されること、やがて自分も同じ運命を辿ることを知っているのです。

ふたたび場面は変わって、tokage@前世は20代前半くらいの姿で、海を沖に向かって泳いでいます。まさにTHE 入水自殺!

その姿を岸辺から見守っている初老の男性の姿があります。

男性の顔は見えないものの、手がアップになって写りました。シワだらけの手の甲に彫られた太陽の刺青・・・。どうやら彼は、かつてtokageを両親の元から浚った神殿の戦士のようでした。

tokage@現世の視界が急に高くなりました。グレーに染まった海と、夜明け前を思わせる紫の空、そして森のシルエットが黒々と浮かび上がっています。

なんとなく脳裏に「皆既日食」という言葉が浮かびます。皆既月食を向かえたその日、tokage@前世は唐突に「おうち帰ろう」と思い立ったそうですよ。

どうやら、生まれる前に「皆既日食を迎えたら、魂のお家に帰る」というプランを立てていたようでした。

このときヒプノの誘導をしてくださったのは、魔女仲間の金とも嬢でしたが、彼女も入水したtokage@前世の事を、

「月に還るかぐや姫みたいだった」

こーゆーカワユイ事をナチュラルに言えちゃうのが、金ともクオリティーなんだよなー。これがtokageだったら、こーは行かないです。

ナマ金とも嬢は、クリスティン・ハワースの妖精フィギュアのような、超可愛いお人です。みんな、一見の価値はあるぜ!!

とりあえず、今日はここまで。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。