スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIGER&BUNNYでクリスタルヒーリング ルナティック編①

ずいぶん前に書き上げていたのですが、いい加減UPしないと、腐りそうなので(笑)。TIGER&BUNNYでクリスタルヒーリング ルナティック編です。

今回登場していただくのは、シュテルンビルト法務局のヒーロー管理官兼裁判官兼ダークヒーロー・ルナティックという、三つの仮面を持つ男、シュテルンビルト一の働きマン、ユーリ・ペトロフ君です。

ビジュアル系バンドのボーカルの如く、バッチリ目張りメークのユーリたん。実は顔のやけどを隠すためだったりします。

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 [DVD]TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 [DVD]
(2011/07/22)
平田広明、森田成一 他

商品詳細を見る

イマイチ解りづらいけど、顔色の悪い左側の彼がユーリ君。

というのも、ユーリのお父さんはMr.レジェンドと呼ばれた、NEXTヒーローのパイオニアでした。

ところが息子のユーリに能力が発生したためNEXT能力が減退してしまい、ヒーローとしての役割と周囲からの期待にこたえられない自分に焦り、やがて酒と暴力に逃げるようになります。

パパは元々お酒が飲めない人だったのか、回想シーンでは紅茶を手にしています。そういう人がお酒に走るんだからなー。よっぽど追い詰められていたんだろうなー。

そんな夫に、「あなたは精一杯やったわ」と慰める妻オリガ。しかしその言葉は「オマエに何が解る!」と一蹴されます。

花王愛の劇場の夫婦喧嘩シーンでよく交わされるやり取りですが(爆)、オリガにしてみれば、いくらNEXTとは言え、愛する夫が危険な場所に単身飛び込んでいくのを観るのは、やはり辛かったと思うんですよ。

NEXT能力が減退したのを機に、穏やかな人生を歩んで欲しい、と願うのは妻として当然のことだと思うんです。

一方のMr.レジェンドの「オマエに何が解る!」というのもまた、真実なんだよねー。

NEXTに対する差別がまだまだあからさま時代。ヒーローとしてTVに映る(=社会的に認められた立場)Mr.レジェンドは、差別されているNEXT達にとって、希望の象徴だったと思うんですね。

Mr.レジェンドも差別される立場なわけで、その人達の気持ちを痛いほど良く解っていたと思うんです。自分がヒーローでなくなった後、また差別や迫害が激しくなるかもしれない・・・。そう思ったらヒーロー辞められないですよね。

まぁヒーローと持て囃された立場から一転、只人になる事の恐さもあったと思うけど。

深くなる絶望に比例して増える酒量、激しくなっていく暴力。そんな両親の姿を子供のユーリは物陰で震えてみているしかありませんでした。

そんなある日、母親を殴る父親を止めようと、ユーリは二人の間に飛び込みます。不幸なことにユーリのNEXT能力が発動して、父親を焼き殺してしまいます。

その様子を目の当たりにしたオリガは正気を失い、以来、息子のユーリを責め続けます。

回想シーンに出てきた子供の頃のユーリは線が細くて、気の弱そうな感じ。そんな子が勇気をふりしぼって体を張った結果が、父親の死と母親からの怨嗟だなんて、切ないとしか言いようがないです。

ユーリは父親を止めたかっただけで、殺したかったわけじゃありませんから。

一見すると、オリガは酷い母親のようですが。レジェンドが現役で活躍していた頃のNEXTの差別というのは、たとえ実子であっても、親が「いなくなってくれればいいのに」と言われるほど、酷いものだったわけです。

Mr.レジェンドのネクスト発生が結婚前か後かは解かりませんが、NEXTの夫と添い遂げたオリガの愛は生半可なものではなかったと思うんですよ。子供も当然、愛していたと思うのですが、愛する夫が愛する息子に殺されたという現実に、気持ちがついていけなかったんだろうな。

あれ、なんかMr.レジェンド&オリガ語りになっちゃったぞ。年齢的にはこちらの方に近いもので(苦笑)。

誤って父親を手にかけてしまったユーリは、両親の精神的な保護と慰めを失ったまま、大人にならざるを得ませんでした。

長じてシュテルンビルト法務局のヒーロー管理官となります。一方でダークヒーロー・ルナティックとして、シュテルンビルトの法律では死刑に出来ない犯罪者達を殺してゆきます。

生前のレジェンド・パパは熱い正義の人で、息子に正義を為すことの偉大さを懇々と説いておりました。息子はそれを受け継いで犯罪者に血の粛清をするようになるんだけど・・・ぱぱはそーゆー形で正義を為せとは言っていないぞ、ユーリ。

でもさ。宇宙人みたいな衣装はともかく、ルナティックのユーリたん、すごーーーーくセリフが大げさ。しかも動きがやたらとくねくねしてるし。マイケル・ジャクソンみたいだぞ、ユーリたん。マイケルと一緒にムーンウォークしながら「WHO’S BAD」って歌えばいいと思うの。

マイケル・ジャクソン シークレットフェイス vol.3 [DVD]マイケル・ジャクソン シークレットフェイス vol.3 [DVD]
(2011/01/25)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


いつもながら、続きます。クリスタルグリッドは日曜日頃には写真を掲載できるといいなー。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。