スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスタルな前世!?③

先日、お客さまからセッションの感想をいただきました。

こうしてフィードバックしていただけることは、セッションのレベルをUPさせていく為にも、大変参考になります。

K様、ありがとうございました。

で、クリスタルな前世の続き。

最近になって思い出したのですが、クリスタルな人々はご飯を食べません。

まぁ、魂クリスタルだし、肉体エネルギーだし。しいて言えば、惑星からのバイブレーション(この場合は地球ね)を、糧にしていたという感じです。・・・たぶん。

居住スペースのど真ん中に大きな広間があって、そこが子供達の遊び場兼、奥さん達の井戸端会議場兼、お客さんのもてなしの場兼、集会場でもあったみたいです。

コミュニティーの建物の構造は、蜂の巣みたいな造りに近かった気がしますね。

コミュニティーの居住スペースは、1家族あたり寝室+α程度で、あとは図書館や共同浴場、広間などの公共施設を利用していたみたいです。

あとはこの文明にも「お墓」的なものはありまして、tokage@前世達は「生命の樹」と呼んでおりました。

お墓なのに生命の樹とは、これいかに?

色々学んで、もう魂になにも書き込みが出来なくなってしまったクリスタルは、ある場所に運ばれます。

そこにはたくさんのクリスタル達が一つに融合して、樹のようになっています。

樹の根元にクリスタルを置くと、時間をかけてゆっくり樹の一部になっていくのです。

厳密に言えば「死」というより、個としての意識がなくなっていくだけなのですが。

ごく稀に、その樹の枝に新しいなんのデータの書き込みもない小さいクリスタルが生えてくるんですね。だから「生命の樹」。

tokage@前世たちのエネルギー体の寿命はそう長くないのですが(だいたい60歳くらい?)、魂そのものはみーんなトウが立っているので、まっさらな魂が生まれてくることは、ほんとうに稀なこと。

なので生まれてくると、みんな興奮して見に行ったみたいですね。

次はtokage達がどういう経緯で、クリスタルに還ったかという話をしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。