スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルカラー今昔物語 昔ver. 

先日、お友達のユーフィーさんが書かれたブログを読んでビックリ。

実はユーフィーさんがブログをUPされる二日前、tokageもパーソナルカラーを受けに行ってました。

しかもユーフィーさんが初めてパーソナルカラーを受けられた15年程前、tokageもパーソナルカラーを初めて受けていたのでした。

いやー奇遇、奇遇。とゆー事で「パーソナルカラー今昔物語」。

tokageが初めてパーソナルカラーを受けたのは、日本にパーソナルカラーが入ってきて、まだ間もない頃でしょうか。雑誌にちょっとずつ「パーソナルカラー」や「あなたのパーソナルカラーを知る」などと言うタイトルが載るようになっていました。

ダサくてお洒落がヘタで、全然自分に自信がなくて、そんな自分が大きらいだった当時のtokageは、ファッション雑誌に載っていたパーソナルカラーのサロンに思い切って言ってみる事にしました。

といってもパーソナルカラーだけでお値段3万円弱。今からじゃー考えられないくらい、高額です。すぐに行けるはずも無く、半年かけてお金を貯めました。・・・健気すぎて我ながら泣ける(涙)。

そこのサロンはお洒落な街にあり、とてもハイセンスなサロンで、貧乏でダサい地方OLのtokageはキンチョーしっぱなし。

美人な先生はとっても! ビジネスライクな方で、必要以上のサービスも愛想も振りまく必要なしって感じ。パーソナルカラーを使ったメークも「(メイク用品は準備したから)各自でどうぞー」ってなもんでした。これも今じゃー考えられないよね(苦笑)。

20代半ばでもロクにメークした事のないtokageがもたもたしていると、さすがに少しだけやってくれましたが、明らかに心の中で舌打ちしてたぞ~。

ただその先生はアメリカでパーソナルカラーを学んだ、いわばパイオニアだけあって、きちんとした知識を身につけた方ではありました。今ではポピュラーになった「セカンドシーズンカラー」もその時にちゃんと診断してくれましたしね。

その時のお客さんはtokageを入れて3名でした。3人同時に受けたわけではなく、時間をずらして3名のパーソナルカラーを観る・・・という形でした。

しかしねー。最後にいらしたお客さんがマスコミ関係に勤めていると知った瞬間、先生の態度激変。2オクターブくらい声が高くなり、お姉さん(姉妹でサロンをやっていました)と二人がかりで、ちやほや。

tokageの方はメイク終了後(つっても自分でやったヤツだけど)はお金払って終了。生まれてはじめてのフルメイクはピエロ並みにこっけいで、よくこの顔で東京から千葉まで帰ってこれたな~って感じ。

アレだけのお金を払って、得たものはパーソナルカラーのチャートとズタボロのハートでした。

当時はインターネットもHPも、まだまだ発展途上のジャンルでした。雑誌に掲載されると言う事は、それだけで「安心・安全・お任せできる」というレッテルを貼ってもらえたも同然、広告効果としても計り知れないメリットがありました。

ただの事務OLより、使えそうなマスコミ系の客の方がメリットありそうだものね。ソッチを優先したい気持ちは良くわかるけど、払っている金額は同じなんだよ~!!

ずっと忘れていた悲しい気持ちを、ふと思い出した15年ぶりのパーソナルカラーでした。さて、今ver.のパーソナルカラーは・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。