スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険なセッション⑤

前回のブログを書いていたら、ちょっと気になることが出てきて、意識がそっちの方に行ってしまいました。おかげで、ブログの終わりが尻つぼみな感じになってしまいました~。

で、スピリチュアル犯罪。被害にあっている人は、どのくらいいるんだろう? 占いがらみで、壷や印鑑、はては墓石まで買わされたという話は昔からあるけど。

tokageのようなケースは立証が難しいから、表に出せないだけで水面下ではけっこう・・・いて欲しくないな(汗)。

今はどうだか知らないけど、カウンセリングに行くのが一般的なアメリカでは、この手の事件は本当に多かったみたいですよ。

たしか90年代前半だったかなー。新聞で読んだのですが、退行催眠を受けたクライアントが、両親に虐待されたと訴え出るケースが多数あったそうです。当然ですが、殆どのケースが泥沼化したそうです。

ただでさえ、虐待の事実を立証するのは難しいのに、ましてや昔の記憶が絡むとなると・・・。

脳ってのは意外におばかさんでして、自分が実際に経験したことと、そうでない事の区別がつかないそうです。

だから暗示をかけられてしまうと、それが事実じゃなくても、実際に経験したことだと思い込んでしまうんですね。

退行催眠を受けて、現実にあった殺人事件を思い出すケースもあったので、ヒプノによって掘り起こされた記憶全てが嘘やデタラメばかりではないのですが。

2005年だったかな? ハワイ旅行の帰りに買った雑誌には(もちろん英語のね)、「初めてのセラピー、良いセラピストとは?」みたいな特集がありましたね。

記事は1ページくらいで(しかも小さめの雑誌だった)、セラピー1時間のおおよその料金や、セッションの進め方、トラブルの相談先の電話番号まで書いてありました。

やっぱ多いんだろうね、トラブルが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。