スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険なセッション①

今回は、なんだかハーレクイン・ロマンスみたいなタイトルです。

今日アクセス解析を見たら、更新していないのにもかかわらず、たくさんの訪問がありました。ありがたや、ありがたや。

こぉーんなポンチで、しかもサボり癖のつきはじめたブログに、わざわざ訪問してくださる皆様に感謝の意を表して(?)、そろそろtokageの恐怖体験を書こうと思います。

スピリチュアルという言葉が市民権を得てひさしい昨今、スピリチュアル関係の詐欺被害って、年間どのくらい出ているのでしょうか?

「オーラの泉」がゴールデンタイムで放送され始めた頃でしたか、スピリチュアルがすごーーーくバッシングされた時期がありましたよね。

某N○Kでも、スピリチュアルを騙った詐欺事件を特集をしていました。ちなみにその時のゲスト・コメンテーターは香山リカさんでした(爆)。

その特集番組に出ていた手口は、少し頭を働かせれば、あるいは健全な猜疑心さえ持っていれば、引っかからなかったのでは? と思うレベルではありました。・・・tokageが人一倍疑り深いのかもしらんが。

まぁ、心弱っている時は、たとえ藁であっても縋りたくなるもの。その気持ちも良くわかる。なんたって、かつてのtokageがそうでしたから。

かれこれ10年以上前のお話です。

最初のヒプノセラピーで思ったほどの結果を得られなかったtokageは、もう一度お手軽なお値段のところでトライしてみることにしました。

この頃は今ほどヒプノセラピーがメジャーでなく、やっている人が少なかったのです。それでも場所と値段で折り合いのつくところが見つかり、HPからセッションの申し込みをしました。

・・・正直言えば、HPのデザインを観たときから、イマイチだったんですよねぇ~。

メールの返信が来たものの、なんとなーーーーーく行く気がしなかったtokage。返事を保留していたら、当然のことながら再度メールが来ました。

でもね。どうも感じの悪いメールなんです。えらそうと言うか、なんと言うか。躊躇したものの、申し込んだからには行かねばなりません。(←断りゃーいいのに)

途中、道がわからなくなったので迎えに来てもらったセラピストと一緒に、マンションにあるセッションルームに向いました。

マンションのドアを開けてもらった瞬間、tokageは固まりました。

部屋真っ暗。

節約の為でしょうか、部屋の電気は消されていました。しかも遮光カーテンが完全に閉められていたため、昼間だったにも関わらず「おやすみなさーい」と言いたくなる様な暗さ。

これではあんまりです。初めて来るクライアントさんの事をなにも考えていません。

初めてのセッションルームを尋ねるクライアントさんは、不安で一杯です。セッションルームを少しでも心地よく整え、クライアントさんの不安を取り除くことは、セラピストの義務です。

しかもねー。ドアの正面に壁一面の大きな出窓があったのですが、そこには乱雑に積まれ置かれた資料や、本のシルエットが、こんもりと浮かび上がっていたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。