スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議したくて冒険したくて⑦

その後2つほどエネルギーをアチューンメントされ(この時は、イメージを「視ない」ようにしていました。さすがに疲れたので)、最後に「聖なるものとの融合、宇宙と個人の魂の目的と調和を促進」(・・・ああ、なんて長いタイトル)するエネルギーのアチューンメントでした。

目をつぶると、グランドキャニオンのような切り立った崖と、赤茶けた大地が見えました。

大地の真ん中に舞台のような平たい岩があり、そこに金色に輝く卵がありました。

卵が割れ、なかから長い尾を持つ光り輝く鳥が誕生するシーンは、まさに手塚治虫の「火の鳥」のワンシーンです。

・・・20世紀以降はまさに映像の世紀で、特にtokageよりちょっと年上の世代から、アニメや漫画でいろんなイメージを植えつけられているので、正直、これが自分が本当に視たものなのか、それともアニメなどの映像を記憶のデータバンクから引っ張り出してきて、視ているものなのか、判別つかないんですよねー。

長い尾を持っていることから、朱雀か鳳凰だろうと当たりをつけるtokage。鳥は大きな翼をはためかせ、tokageの腕に止まったと思ったら、場所は一転し、tokageは真っ白い宇宙船の中にいました。

宇宙船には宇宙が2メートルくらいの卵形に切り取られ、tokageは床にじかに座って、それを眺めています。そんなtokageの周囲に、先ほど生まれた鳥が・・・真っ白いニワトリが、黒い蛇を突っついて食べています。

鳳凰って、蛇を食べたっけ?

あまり東洋の神獣に詳しくないtokageの中途半端な知識によると、蛇を食べるのは太陽に関係する黒い鳥だったような・・・。詳しい方、教えてくださいな。

首をひねっていると、ニワトリは白から見事な鶏冠を持った黒い雄鶏に変身して、tokageの頭に乗っかりました。

そこでイメージ終了。あまりさえない終わり方ですよねー(苦笑)。この日、一緒にアチューンメントを受けた2名は、「スピリチュアルなことに興味はあるけど、アチューンメントは初めて」という方々だったので、tokageに対して「すごーい!」という感想を持たれたみたいで、面映かったです。

タダ単に経験の賜物だってばー。

天使様たちによると、tokageにはレベル4までアチューンメントを受けてもらいたいそうなので、とりあえずぐわんばってやってみたいと思います。・・・と思ったら、レベル1の1週間後にレベル2を受けることになってしまいました。うーむ、これぞまさに神業。ちゅーわけで引き続きレポートしてゆきたいと思います。(今回に比べたらはるかに短いけどね)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。