スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議したくて冒険したくて⑥ 

天使様の厳しさを嘆くtokage、しかし天使様は情け容赦ありません。

「感情の調和」のエネルギーを、アチューンメントしていただきた時のことです。

意識世界で、tokageは以前住んでいた家にいました。

家に入ると、かつて飼っていた猫達がtokageを出迎えてくれました。そして亡くなった父も。

この先、一生目にすることはないだろう、25年生活した懐かしい家。これはこの空間でリラックスしなさいという、天使様のお告げに違いありません。

嬉々として、tokageは猫達をまとわりつかせながら、庭に続くガラス戸を開けました。

懐かしい風景をしみじみ味わっていると、ふいに庭の土が盛り上がったと思ったら、

大量の黒光りする台所昆虫Gが、いっせいにこちら目掛けて飛んでくるではありませんか!!

tokageの天敵、幽霊よりも怖いGの来襲です。

思わず「助けて!!!!!!!!!!!!!」

叫んだ瞬間、すべてが消えました。Gはもちろんのこと、懐かしい家も。なにもない真っ白な空間に、tokageは天使様と一緒にいました。

「なんで、こんな酷いものを見せるの!」天使様に詰め寄るtokage。

「あなたの心が過去に囚われているからです。 思い出は思い出として、意識は未来に向かってゆかなければなりません」

うぬぬ・・・。うぬぬぬぬぬぬ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。天使様はなんでも知っている。

東京に引っ越してきて、スピの勉強が気軽に出来る環境になって、たしかにtokageの人生は拡大しました。でもね、いつも住み慣れた土地を恋しく思っていました。だって25年も住んでいたんだもん。

過去の生活パターンを打ち壊して、今の環境を生かして、いろんな事にチャレンジしなさい。そして真っ白な心に、自由に未来を描きなさいと仰りたいのでしょうね、天使様は。

この話をしたら、先生が「Gはtokageさんのマイナスの意識が形になったのかもしれませんね」と言われて、思わず膝ポン!

やっぱ他人に視てもらうのって大事ですね。

その夜のことなのですが、tokageはまた、家の夢を見ました。

かつての自室にて、床の隙間から這い出てくる羽蟻を、文句言いながら小型掃除機で吸い取っている夢です。

自然が豊かだったから、夏になると羽蟻に悩まされていたのですよ。

これもtokageのマイナスの意識が具体化したものなのでしょうか? G→羽蟻に変化したと言うことは、tokageのなかで何かが変わったのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。