スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地相と家相

ちょっと前だけど、会社帰りに周辺をふらふらしていたら、こんな面白い看板を見つけてしまいました。
NEC_140109.jpg
不動産屋さんなのですが、風水鑑定もしていらっしゃるそうです。

この不動産屋さんがあるのはオフィス街。会社を経営していらっしゃる方って意外に信心深いというか、ゲンを担ぎますよね。

どの会社に行ってもたいてい神棚が祭られていますし、神田明神は新年になると多くの会社経営者の方々でいっぱいになります。

まぁ会社の業績によって自分のみならず、従業員の人生もかかっている思えば、やはり信心深くなるというか、頼れるものは頼りたいというところでしょう。

物件探しと風水鑑定といっぺんにやってくれるこの不動産屋さんは、まさに一粒で二度おいしいアーモンドキャラメル状態(笑)。

この不動産屋さん天然石やサンキャッチャーなども扱っていて、普通の不動産屋と比べてちょっと異色です。

しかしこの風水、本当に効果があるのでしょうか?

昔巷で怪しい風水師が人気を博した事がありましたね。tokageは偶然、彼がプロデュースした風水グッズを売るお店に入ったことがあります。

もうお店はない(と思われる)ので、ハッキリ言いますが、安っぽい上にセンスが…。それでもお客さんがけっこう入っていました。

彼のプロデュースした雑貨を飾る事で、本当に幸運を得るのかどうかは解りませんでしたが、彼のお財布には確実にお金が舞い込んでいる事は、良くわかりました。

話を戻して。土地のみならず、家や建物も全て独自エネルギーを持っています。そこに住むことで、私たち人間はなんらかの影響を受けます。これをうまく使ったのが風水ですね。

tokageは時々お客様やユーフィーさんにお願いされて、見ることがあります。見取り図を見ればその家や建物がどういうエネルギーを持っているかが解ります。

怪しい話だけど、人が絶対住めない家や建物もあるし、リラックスできる部屋、人生がアクティブになる家等、家や建物もさまざまです。

そういう意味では、会社を興すときに事務所をエネルギー的に鑑定してもらっても損はないかも。

一方の地相。これも土地のエネルギーがあります。

tokageはここ2年程、同じ駅にある2つの会社にお勤めしているのですが、同じ土地でも西と東じゃこんなにも土地のエネルギーが違うのかとビックリ。

最初は西側に通っていたのですが、いやー息がつまりそうでした。なんかクローズドな空気があってねー。古くからの旦那衆がグループを組んじゃって、よそ者は入れない感じがあるんですね。

tokageの友人二人にその事で愚痴をこぼしたら、奇しくも二人ともその周辺で働いていた事があったらしく、「その感覚、わかるー!」だって。

で、昨年の7月に同じ土地の東側の会社に派遣されたら、いやー呼吸が楽らく。会社のビルよりマンションや一軒家が多いせいなのか、それとも昔は大きな河があって、船を使って交易をしていたせいなのか。もっとオープンで気安い空気はあります。

土地の場合、エネルギーを読むのは地図だけじゃダメ。読み取れなくもないけど、やはり実際足を踏み入れてみませんと。これはtokage自身が方向音痴というのも関係しているのかも(笑)。

家相と地相とどちらがよりエネルギーが強いのか。tokageは風水や方位を勉強していないので、簡単には言えません。

とはいうものの、会社などは土地のエネルギーを強く受けるような気がします。なので会社を興す場合、イケイケどんどん商売繁盛笹持ってこいな土地が良いかというと…一概にそうとも言えないかも。

やはり経営者との相性がある気がしますね。たとえば都会大好きな経営者がカントリーサイドで会社を興しても経営者の意気は上がらないと思うし、逆にネイチャー命な経営者が新宿のど真ん中で会社を興しても、大丈夫かいなと言いたくなるかも。

まぁ田舎に都会の刺激を持ち込むというコンセプトや、都心で自然を感じるというコンセプトであればOKでしょうが。

前述したように、tokageは風水や方位を勉強していないので、あまりテキトーな事は言えないけれど、選ぶ際のポイントはその土地や建物にいて自分が元気になれるか、わくわくするか、やる気になるかじゃないかと思います。

そこにいてわくわくする、やる気が漲るというのは、その場所と相性が良いからだと思うのね。あとその土地の土地神様に敬う事かな。

昔ビジネス街にお勤めしていたころ、近所に小さな祠がありました。一年毎ではなかったけど、きちんと新しい祠に変えられていたし、近所の会社の方(施工店経営者っぽかった)が、帽子を脱いで祠に向かって深々とお辞儀されている姿を見かけたこともあります。

そこはビジネス街だったけれど、昔ながらのお店もたくさん残っていた場所でした。昔からいる人たちが小さな祠の神様であってもきちんと祭っているからこそ、良い気が回っているのだろうなと、しみじみ思いました。

もちろん、風水が良いからビジネスも絶対成功! ではありません、もちろん(笑)。最後の決め手は経営者自身の情熱とやる気と誠意ですかね。…おや? なんだか耳が痛い気がするのですが?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど~。

ビジネスを興す人も土地や建物との相性は重要でしょうね。

土地的に少し離れただけでエネルギーが違うというのはありますね。厳密に言えば、自分の家の隣でも違うでしょうし、同じマンションや家でも部屋によって違いますし。

駅の東口と西口、南口と北口でエネルギーが変わるってよくありますね。駅と線路って言ってみれば「川」みたいな役割を果たすのかも。川を国境線にしたり、何らかの境にするのは昔からよくありますが、そんな感じで「分ける」感じがします。

ある存在は「地球上には必ずその人に合った土地がある」と言っていますが、私もそんな場所に住みたいものです。(旅行に行ってその土地が大好きになり、移住してしまう話を聞く事がありますが、まさにその人は「自分に合った」土地を見つけたんでしょうね)

Re: なるほど~。

Madia様

コメントありがとうございます。

>駅と線路って言ってみれば「川」みたいな役割を果たすのかも。

河を埋め立てて造った道路なども、右と左では土地のエネルギーが違いますね。昔の人は橋を異界につながる回路とみなしていましたが、明らかにエネルギーが違う土地は、異界と言って差し支えないレベルですね。

> ある存在は「地球上には必ずその人に合った土地がある」と言っていますが、私もそんな場所に住みたいものです。

素敵なエピソードですね。だとすればこの地球にもtokageにもあった土地があるんでしょうか。願わくば風光明媚で温暖な土地であることを望みます(笑)。
sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。