スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能を生かすということ

先日、知り合いの方にヒーリングスペースTOKAGEのメニューについて、相談する機会がありました。

自慢ではないのですが、tokageは習ってきたサイキック関係の事柄は、意外になんでもこなす事が出来ます。(※ただしシータ以外)

逆に言えばtokageでなければ! という「決め手」がない。ビジネスマーケティング的には致命傷なんですね。と言う話をしたら、

「tokageさんはクリスタルグリッドリーディングも、クリスタルアライカードも出来るじゃない!!」

と叱られてしまいました。

クリスタルグリッドリーディングも、クリスタルアライカードリーディングも、完全tokageのオリジナルです。

誰かに教わったわけではなく、気がつけば自然に出来ていました。・・・つーか、そんな技があることを、すっかり忘れてたわ。けっこう本気で。

あまりにも簡単に出来たので、自分的には「大したことではない」と思い込んでいたのよねぇ~。

実は「苦労せずに出来る」という事は、立派な才能です。

駄菓子菓子。健康な人が、病気になって初めて健康のありがたみをわかるように、私たちは意外に自分の才能に対して無頓着だと思いませんか?

やはり時間やお金をかけないのに身についたモノは、想い入れ(=執着)がないからでしょうか。

私達がこの世に生まれる究極の目的は、生まれ持った才能を使って世界に貢献することです。一方で私達は「進歩したい、進化したい」という欲求を持っています。

真面目な人ほど、この欲求に素直というか、自分を高める事に夢中になってしまって、世の中に貢献する事を忘れてしまうんですよね。気がついたときには「アレ? 私なにもしてこなかったわ」になってたりして。

漫画家の槇村さとるさんは「好き・才能がある・他人に認められる」のどれかをクリアーしていれば、現実の仕事として、考える余地があるとおっしゃっています。

本音を言えば、全部揃った仕事に就きたいですよね(笑)。それは中々難しいので、趣味や勉強という形で欠けた部分を昇華させていくのですが。

好きではないけれど、他人から評価される職業につくか。

才能はないけれど、誰にも負けない情熱を極めるか。

持っている才能を使って、社会に貢献していくか。

さあ、あなたならどの道を選びます?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。