スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Under The Flowers②

一人っきりの参加者だった今回のWS。物事には全て意味がある・・・というのは、スピリチュアル界のお約束ですが。

今回は自分の苦手な部分がくっきり浮かび上がった感じかなぁ。

自分では意識していなかったのですが、どうやら相当怖い顔で説明を聞いていたらしく。講師の方を不安にさせてしまったようでした(苦笑)。本人はいたって真面目な顔をしていたつもりなのですが。

もちろんtokage自身は結構楽しんでいたんですがね。でも自分の表情や雰囲気でまったく違うメッセージを相手に発信してしまったら・・・。個人であれば友達が増えない程度で済みますが、企業だったら死活問題です。

基本tokageは隠れ人見知りで緊張しぃなんですけど、不惑迎えた身でその言い訳は通用しないよなぁ(哀)。少なくとも人生を重ねた分、人として豊かでありたいし、その豊かさを通じて他人と繋がりたい。

その為には、やっぱりハートがオープンになっていないと駄目なんですよ~。だから今回、ハートエンジェルのワークショップに参加したのか、納得。

で、なんどか講師の方に指摘されたのですが、気付かないうちに否定形で自分の事を語っているんですね。「○○しか出来ない」とか、「まだ○○なんですけど」みたいなね。

同じ物事でも否定形で語るのと肯定形で語るのと、全然エネルギー値が違うんですよ。・・・って、普段クライアントさんに言っているような・・・。あれれ? 自分は?? ・・・・・・・・・・・・こ、肯定形、頑張ります!!

真面目な話、自分に厳しいことと、自分を客観的に観ることは違いますものね。自分を客観的に見ながら、肯定することは、もちろん可能です。

で、もう一つの問題点。tokageは初対面の相手と眼を合わせたがらないって事です。相手を直視しないように眼をよろきょろ。明らかに不信人物やで。

こーれーは失礼でしょう。でもどーしても眼が逃げちゃうんですよ。相手が外国人だったら、ひっぱたかれているんじゃないでしょうか。

「カウンセラーのtokage」とか、「面接を受けている派遣社員のtokage」とか、とりあえず何らかの役割を持っている時は大丈夫なのですが、素のtokageになると、どう振舞って良いか解らない時があるんですね。

ありのままの自分として振舞えばいいのにねぇ(笑)。やっぱり自分がリラックスしないと、相手をリラックスさせる事はできません。とりあえず初対面の人でもちゃんと眼を見て話せるように、少しずつ訓練していかなくては。

自分で描いた絵のように、手をつないで花の下でダンスを踊るように、誰かと豊かな関係を築けるようになりたいですね。

緊張しまくっていたtokageでしたが、絵を描いているときは、B型節が炸裂していましたよ(笑)。もー後先考えずにガンガン行く行く。

ほんとーに何も考えずに伸び伸び絵を描いていました。やっぱり創作活動って、人の心を解放する働きがあるんだなー。

これを機に、コンスタントに絵を描いていきたいなと思っています。うん? これはちゃんと肯定形になっている???
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。