スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価格設定と自己受容

人生とお金を無駄遣いばかりしているtokageですが、実は経理畑所属です。

なのでスピリチュアル系&サロンブログでも、経営系のカテゴリーは大好きで、興味深く読ませていただいています。

先日、サロン経営のブログを読んでいたら、メニューの価格について、

「値段を下げるのは簡単だけど、上げるのは難しい」

と書かれていました。

この方の仰る「値段を下げる」のは、おそらくキャンペーン価格の事だと思うのですが、はたして本当に値上げは難しいのか?

tokageの経験上、答えは「NO」です。

昔あったんですよ。何回か行っていたサロンが、場所を変えたのを気にメニューの値段を下げた事が。

HPでそれを知って裏切られたような気がしました。今まで払っていた値段はなんだったのかと。

逆に納得できる理由(アロマオイルのグレードを上げた、技術やキャリアの向上等)のある値上げって、スムーズに受け止められるんですよね。

もっとも安くなるなら何でも大歓迎という方もいらっしゃると思うので、一概には言えませんが。

駆け出しの、特にスピリチュアル系ヒーラー&セラピストさんは、値段の付け方が難しいですよね。

アロマやエステサロンの様に、効果がわかりやすかったり原価が見えるものではありませんから。

tokageの場合、最初は1時間/10,000円でスタートしましたが、「かんべんしてつかぁさい(号泣)!!」なセッションをいくつかこなした後、1時間/12,000円に変更させていただきました。

このお値段が安いか高いかはクライアント様に判断していただくとして(笑)、逆に安いからなんでも良し! でもないんですよね。

一度格安でセッションをやりましたが、あまりの報われなさに自分が可哀想になりました。それ以来、きちんとした金額を頂く事を出来るようになりました。

そう考えると、スピ系セッションにおける価格設定は、自己容認がベースにあるのかもしれません。

もっとも高値をつければつけるほど、要求される物も多くなります。自分がそれにどれだけ応える能力を持っているか。客観性と見極めは必要不可欠ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。