スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリチュアル東西の分岐点③

さてリヒトヴェーゼン社プロダクツの使い心地ですが。・・・イイ! 特に容器の出来が(笑)。

いや真面目に。海外のプロダクツって容器の造りが甘いですよね。スプレーがすぐにダメになったり、中蓋がなかったり、スポットが使えなかったり、キャップシールに切れ込みがなかったりetc

リヒトヴェーゼン社はスプレーの部分がしっかりしていて、それだけでもう感激!

ベルチェレスタ様のHPに書いてある通り、手首や頸椎にスプレーして使っていたのですが、気が付けば肩が軽い!

肉体的には凝っているのですが、今までとは違うんですよね。昔マッサージしてくれたセラピストさんに「首のリンパがパンパンで指が入りません」と言われたAKIKOの肩が! なんか悔しい! あとリンパが詰まっているところとか。体感が違いますね。うーむ、アセンデントマスター恐るべし。

ちびっと時間が余ったので、ゲルハルトさんにアセンデントマスターとエロヒムの違いを教えていただきました。いや、違いが解らなくてもOKなんだろうけど、理解したうえで使った方がより効果があるかなと思いまして(笑)。

ゲルハルトさんは両者の違いを丁寧に説明してくださったうえ、同じくリヒトヴェーゼン社で出しているハート型のクリスタルをAKIKOの手に押し当てました。

このハートのクリスタルは底の部分が尖っていて、ゲルハルドさん曰くハートのクリスタルは針治療にも使えるのだそうです。でもAKIKOには強すぎてダメでした。

そこで時間が来て個人セッション終了。その後ユーフィーさんとおしゃべり。彼女の具合が悪そうだったのでヒーリングしたのですが、その後いただいたメールにより、驚愕の事実が発覚しました。

なんとセッションで使用したレンタルサロンには、たくさんの霊がいたそうです。気づかなんだ…。

そう言えばヒーリングの間「なんかやたらと隙間風が入ってくるなー」と思っていたのよ。鈍いにもほどがある(笑)。

右側がゲルハルドさんと、左側が通訳を務めて下さったロベルトさんです。
NEC_150225.jpg

とっても美味しそ(ry、優しそうな方でしょう!

スポンサーサイト

スピリチュアル東西の分岐点②

この日の個人セッションでは、リヒトヴェーゼン社の商品を一点、いただけることになっていました。

こちらがリヒトヴェーゼン社の素敵商品。
NEC_150223.jpg


スプレーとエッセンシャルオイル、どちらかを選べるのですが、AKIKOはスプレーにしました。

理由はスプレーの方がすばやくオーラに働きかけてくれるから。

私たちは気まぐれに従って予定を変更した時、「気が変わった」という言葉を使いますね。これは文字通り気 = オーラ(エネルギー)が変化したから、行動が変わったことを意味します。

気(エネルギー)は軽いので、同じく軽いプロダクツの方が素早く効果が表れるんですね。

もっとも後になって「やっぱりオイルの方でも良かったかも」と後悔しているのですから、まっことAKIKOという生き物のは救いがたい(笑)。

なぜオイルも欲しいと思ったかというと。前述と多少矛盾しますが、エネルギーと肉体の間にはやはり時差が存在します。

気(エネルギー)が「さあ、行くよ」となっていても、肉体の方は「まだ動きたくない~」な状態になっている事も結構あります。

これは肉体のエネルギーが重い為、変化が起きるのに時間を要するからです。しかも私たちの行動や思考を阻むネガティブエネルギーは、オーラのみならず肉体にも浸食します。(正確にはオーラ → 肉体 → 骨の順に浸食します)なので、行動の変化を起こすためには気だけでなく、肉体のネガティブエネルギーを外す必要があるのです。

あとオイルを使ってスプレーしたり、ディフューズしたり、お風呂に入れたりという一連の行動をすることで、『気』持ちが上がる効果もありますしね。

なので万全を期すならスプレーでオーラフィールドを、同時にオイルで身体のエネルギーを整えると良いでしょう。

リヒトヴェーゼン社の商品の凄いところは、エロヒムやアセンデット・マスターのエネルギーだけが入っていること。

これはゲルハルドさんが直接アセンデット・マスターやエロヒム達とコンタクトをとり、彼らから指示を受けながらプロダクツを作るからだとか。

一方、普通のエッセンスは水を張ったボウルに花を浮かべて、花のエネルギーを転写します。これは古典的なエッセンスの作り方で、最近ではチャネリングなどで花のエネルギーを転写させるとか。でもこの作り方だと作り手のエネルギーも一緒に入ってしまっているそうです。知らなんだ。

まぁある意味それはブランドの個性と言えますが。それに作り手のエネルギーもまたエッセンスの一部なのかもしれませんし…。

そう言われれば、今まで摂取してきたエッセンスの中で、一番人の手を感じなかったエッセンスはLTOでした。LTOは蘭の指示でエッセンスを作るそうです。つまりお花が主体なんですね。

一方同じく蘭でエッセンスを作っているスター・エッセンスは、エッセンスの素となる蘭たちが、創立者であるスター・リパレットさんが大好きで、彼女の為に喜んでエッセンスになっている感じがします。

またエッセンスとなる花の育成地のエネルギーも関係してきますね。アラスカンとオーストラリアブッシュでは全然エネルギーの広がり方が違います。

さらにエッセンスを作っている人の魂がどのジャンル(って言えばいいの?)に属しているか、魔女か宇宙人か、ディーヴァかでエッセンスの働きが違ってくるような気がします。そう考えるとフラワーエッセンスも奥が深いですね。

ちなみに宇宙人AKIKOはLTOと相性が良いです。変化も気づきも大きいですね。

とゆー訳で(どーゆー訳で?)牛のよだれのように、またまた続きます。

スピリチュアル東西の分岐点①

抜き足差し足忍び足で、こっそり戻ってきましたAKIKOです。どーも。

気が付いたら全開のブログから半月が過ぎていました。まさに光陰矢の如しですなぁ。

先日、リヒトヴェーゼン社を創立したゲルハルド・K・ピエロットさんのセッションを受けてきました。

リヒトヴェーゼン社の商品はこちらです → http://bercelesta.jp/SHOP/106813/list.html

…この続きを15行程文章を書いていたら、保存に失敗して消えてしまいました。Oh,NO!!

気を取り直して。リヒトヴェーゼン社の商品は、昨年からアクシスマートのロベルトさんから強く推薦されていました。一応パンフレットをいただいたのですが、一読した時は「高品質だけど、日本で受けるかなー?」という感想しかありませんでした。

だがしかし! ベルチェレスタ様のHPでリヒトヴェーゼン社の商品を見た瞬間、その高品質・高波動に一瞬にして惚れ込んでしまいました。いや、癒しフェアでも現物は見ていたんですけどね。その時はリヒトヴェーゼン社の商品の良さがわかっているようでわかっていなかったんだなー。

そのリヒトヴェーゼン社の創立者のゲルハルドさんがワークショップと個人セッションを行うということで、ユーフィーさんより「いらっしゃいませんか?」とお誘いをいただきました。

喜び勇んでいく約束をしたものの、この日は午前中に約束があり、残念ながら個人セッションだけ受けてきました。えーん、ワークショップ受けたかったのにー。

初めてお会いしたゲルハルトさんはそのお人柄を表すように、オーラが温かく厚みがあって、なんというかとても美味しそう(じゅるり)。

人畜無害な笑顔を浮かべるAKIKOが、ゲルハルドさんのオーラを見ながらエネルギー不足の時にリチャージさせていただいたら、さぞかし…。と考えているなどと、さすがのゲルハルドさんも思わなかったでしょう。

逃げてゲルハルドさん、ちょー逃げて!(笑)

ゲルハルトさんのセッションはPCを使って、リヒトヴェーゼン社の商品を使う前と後のオーラとチャクラの変化を見るというもの。

まず最初にAKIKOのオーラとチャクラの状態をPCで映像化されると…。
NEC_150217.jpg

一番左側が最初にはかってもらった時の映像なのですが、頭の周りが暗い…。これは頭に負荷がかかり過ぎている状態だそうです。しかもオーラが他の2枚に比べてうすい…。

チャクラの状態はかなり良く、特にハートチャクラが大きく開いているとか。

次にリヒトヴェーゼン社で作っている商品カードをシャッフルして、自分にどのエッセンスが必要かを選びます。

ゲルハルトさんに「自分が抱えている問題や、解決したい事柄を思い浮かべながらカードを引いてください」と言われたのですが、問題がありすぎましてねー(笑)。

頭の中で「あれやこれやそれや」と思い浮かべ、引いたカードがレディ・ナダでした(たしか)。 → http://bercelesta.jp/SHOP/LW-as12.html

個人的にはエルモリヤが最適だと思っていたので、びっくりでした。いや、肩がすごく凝っているので(笑)。AKIKOは肩や背中が凄く硬いのですが、これは単純に血行が悪いだけでなく、自分の考え方や生き方のクセが肩に出ているんです。

そしてレディ・ナダを手首に塗った後オーラを測ると…。真ん中の画像が、レディ・ナダを塗った後のオーラの状態です。頭の周囲のオーラの色が大分落ち着いていますね。ゲルハルトさん曰く、黄緑とターコイズが理想的なオーラの状態を示す色だそうです。

ゲルハルトさんに「このオイルはこんな状態の人に効果的です」と言われ、「そんな状態な気もするし、そうじゃない気もするし」と首をひねっていたら、もう一度カードを引くように勧められました。

今度は無心になってカードを引くと、出てきたのはビクトリーでした。 → http://bercelesta.jp/SHOP/LW-as14.html

このビクトリー、スパイクナードのエッセンシャルオイルを使っています。スパイクナードの香りって墨汁の香りなんですよね。悪くないけれど、癖のある香りではあります。

オイルを手首につけられたAKIKOが顔をしかめていたら、ゲルハルドさんに「アロマテラピー的には、自分が嫌な香は必要な香とされています」と。確かにねー。

ビクトリーを付けた後のオーラを測ると、なんと脇の下以外はOK! という素晴らしい結果になりました。でも脇の下ってなんか恥ずかしい(笑)。

でもオーラの状態が整うと、あれほど強烈に感じたスパイクナードの香りが、まろやかに感じるんですよね。不思議ー。でも私たちの感じ方というのは、エネルギーの在り方に左右されるので、当然のことなのかもしれませんね。続きます!

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。