スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tokage、哲学街道を行く!④

ちなみにアフロディーテ様がいらっしゃると、周囲がピンク色になりますね。と言っても、濃いピンクじゃなくて、春霞のような淡い桜色。

そこに幼稚園くらいの女の子が俯いて座っていました。どうやらN・M様のインナーチャイルドのようです。周囲に二頭、白い小さなイルカがいるのですが、俯いているので存在に気付けないようです。

アフロディーテ様の薔薇を渡すと、それは赤いハートのペンダントになりました。昔の魔女っ子アニメに出てきそうなデザインです(笑)。

tokageが「どうしたの?」と尋ねると、「みんなと仲良く遊びたいのに、遊べないの」と言われました。

どうやら幼稚園にボス的な女の子がいて、意地悪をするようです。

なので「アフロディーテ様のペンダントがあるから、大丈夫だよ。みんなの所に行ってみてごらん」と言ってみたところ、N・M様が「みんな」の所に行って、「入れて」とおっしゃいました。

ボス的な女の子の顔はぼやけて見えなかったのですが、アフロディーテ様のペンダントを見たようで「それ(ペンダント)をくれたら、入れてあげる」と。

・・・いるよねー、こういうクソガキ。

どうするのかなーと様子を見ていると、N・M様は「じゃ、いい」とキッパリ仰ってこちらに戻ってらっしゃいました。パチパチパチ。


取引でしか成り立たない人間関係なんて、クソ喰らえ!!


その瞬間、白い二頭の宇宙イルカ達が、お内裏さまとお雛さまのような着物を着た、男の子と女の子に変身しました。

こんな事も出来るのかと感心しながら、名前を尋ねると「わらしっ子と申します」

座敷童かい? N・M様とわらしっ子ちゃん達は紅い・・・なんていうのかな? 今で言うシート(ただし織りの)を引いた上で、おままごとで遊び始めました。

この時わらしっ子の男の子の方と色々話したような記憶はありますが・・・すみません! 憶えていません。

tokageがN・M様に「自分が好きなことを楽しんでやっていると、お友達が出来るよ」を申し上げると、こくんと頷かれました。そしてすぐに幼稚園のお友達が「混ぜてー」とやって来ました。

そこでtokageはN・M様のインナーワールドを失礼させていただきました。

気がつくと、tokageは再度マリリン@アフロディーテ様の前に立っていました。

アフロディーテ様は少し悲しそうな表情で「人間はなぜ、物事に意味をつけたがるの? ただ存在しているだけで素晴らしいのに・・・」と仰っていました。

そこで時間が終了の時間になりました。

本当にアフロディーテ様だったのか!? という疑問は少々残りますが、ま、怪しい存在じゃないことは確かなので、それでOKとしたいと思います。

前回のお客様同様、N・M様もアーティスティックな感性が強い方のようなので、そういう関係の習い事をすると、ご自身に良い変化が生まれるようです。

どうぞ色々なことを楽しまれて下さいね。どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

tokage、哲学街道を行く!③

さて、次なるお客様はN・M様です。

tokageはわりと体感系なので、ヒーリングを始めるとさっそく(?)鼻~ノドにかけて、粘りのあるエネルギーを感じました。

どうやらノドのエネルギーが上手く昇華されず、それが滞って鼻の方にまで影響を及ぼしているようです。

そしてノド~ハートにかけて、真新しい釘(!)がいっぱい刺さっていました~(涙)。これは他人からのエネルギーというより、N・M様がご自身をジャッジされていて、それが釘のようなエネルギーになったのかなと。

一生懸命この釘を抜いていると、「私が行くわ」

と、いきなりマリリン・モンローの姿をしたアフロディーテ様が現れました。そして宇宙イルカの背にのって、N・M様の元にいかれました。

なぜにマリリン・モンロー = アフロディーテだと思ったのかと言うと、単純にtokage的にアフロディーテ様のヴィジュアル化すると、マリリン・モンローみたいなタイプかなと思っているので。

実際、マリリン・モンローも自己肯定がテーマのような人生を送っていますしね。・・・とか言っている場合じゃない!!

宇宙イルカのヒーリングなのに、マリリン・・・じゃなくてアフロディーテ様を使っちゃっていいの!? つーか、使えるの!?

tokage自身は、アフロディーテのエネルギーを伝授した事がありません。本当に、いいわけ???

tokageが慌てていると、いきなりラファエル様が現れて、イイ笑顔で仰いました。


「大切なのは誰や何で癒すかではなく、相手が癒されるかです」


・・・神様の世界って意外に成果主義なのね。まぁ、「誰が」や「何が」に拘るとエゴになりますからね。

しばらくしてマリリン@アフロディーテ様がお戻りになりました。そして「これを彼女(N・M様)に」と仰って、ローズクォーツで出来た、薔薇の花束を差し出されました。

「これ(花束)には、どんな意味があるのですか?」と尋ねると、

「花が咲く事に意味はあるかしら? 咲いた花に意味を持たせる人はいるかしら? 意味はなくても花は咲くし、意味はなくても人は花の美しさを讃えるでしょう」

アフロディーテ様、深い。ゆえに、今回のブログタイトルを「哲学街道を行く」と付けたわけです。

続きます・・・!

tokage、哲学街道を行く!②

先ほどまで真っ赤だったH・T様のオーラはパステルピンク&パステルイエローが混じった可愛らしいものに変化していました。

もしかしたらH・T様の雰囲気が変わるかもしれません。

さて、ラストスパートに入ったH・T様の遠隔ヒーリング。

残りの時間を使って各チャクラをヒーリングする事にしました。

第7と第6チャクラは50%くらいの開き方でした。でも不要なエネルギーの塊が、新鮮なエネルギーの流れを阻害していました。

第5チャクラの開きぐあいは30%程度。でも濃いクリアーな青色で強いエネルギーを放っていました。

H・T様はご自身が思っていらっしゃる以上に、他人に何かを伝える能力がおありのようです。思い切って歌を習ったり、お芝居のサークルに入られると、ご自身の魅力を深める事ができそうです。

そして第4チャクラに手を置くと・・・そこからピタリと動きません。他のところもヒーリングしなくちゃいけないのにぃ! と思うのですが、磁石のN極とS極の如く、もー離れない離れない。

宇宙イルカのプライドにかけて、ハートヒーリングのチャンスは逃さなくてよという感じ(笑)。

実際、第4チャクラは上部のチャクラと下部のチャクラの統括センターなので、どのチャクラも重要ですが、ここにブロックがあると、いろんな事が上手く行かないんですね。

ゆえに、第4チャクラ超重要。他のチャクラに関して、宇宙イルカ達曰く「また機会があればね~」との事。一度にオールクリーンにしてしまうと、「逆にバランスを崩す」との事でした。

仕方ないので、第4チャクラに片手を当てた状態で残りのチャクラをヒーリングし終わったところで、タイム・アップ。

イルカ達を呼び戻して、遠隔ヒーリングを終了とさせていただきました。

H・T様、ありがとうございました。そしてご報告が遅くなって申し訳ございませんでした。

また何か良い変化がありましたら、教えてくださいね。

さて、次のお客様は・・・。

tokage、哲学街道を行く!

宇宙イルカ遠隔ヒーリング割引キャンペーンが終了いたしました。お申し込みくださった皆様、ありがとうございます。

セッション中に観たもの・感じた事を、お一人一日1ページでブログにUPしようと思っていましたが・・・。挫折しました!!

いや~。今回も色々濃ゆうございました。なので開き直って、数日にわたってUPしていく所存でございます。

セッションを受けていただいた皆様は「早く自分の分を読みたいのに~」と思っていらっしゃるかもしれませんが、申し訳ございません、許してつかぁさい。

まず最初はH・T様から。

実はH・T様は以前にも宇宙イルカのヒーリングを受けていただいておりました。

ヒーリング後、色々な変化があったようで、今回ヒーリングをお申し込みいただいた時に、嬉しいご報告をいただきました。

思わず「ありがたい事だよねー」と呟いたら、宇宙イルカがふわっと現れて尻尾で空気の輪のような、ピンクのフレイヤを作って、またふわっと消えていきました。どうやら喜びを表現しにきた模様(笑)。

芸が細かいな、宇宙イルカ。

さてセッション日当日。tokage自身のエネルギーを整えて、さっそくヒーリング開始!

すると赤いエネルギーに包まれたH・T様の後姿が現れました。

この赤いエネルギーは、tokageのヒーリングエネルギーのようです。赤は生命力や活動力の他に、怒りや好戦的などネガティブなモノも含まれます。

「いいの?」と訊くと、「現実世界で活動していく為には、エネルギーが必要だから」と言われました。なるほど。

エネルギーを送っていると、H・T様の足首のところに黒っぽいエネルギーが滞っているのが見えました。

それに触れると、H・T様の姿が、男性のものに変わりました。

艶のあるこげ茶色の短い髪に、髭を生やした白人の男性で、麻の質素な修道士のようなだぼっとした服を着ていました。時代的に14世紀くらい・・・? 北ドイツ周辺の大学都市にいたようです。うむむ・・・過去生参上ですか。

その男性が居たのは独房で、彼は両足首を鎖で繋がれていました。

彼は優秀な学者でしたが、ガリレオ・ガリレイより早く地動説を唱えた為に大学&教会から睨まれ、牢屋に閉じ込められて一生を終えたようでした。

地動説って、実はガリレオ・ガリレイの専売特許じゃないんですよね。他にも中世の修道士が地動説を唱えて、火あぶりになったそうです。

大学が教会と同等の権力を持っていた為、閉じ込められはましたが、高い塔のような所で日当りは悪くありませんでした。

学者さんだったので、独りでいることは苦痛じゃなかったけど、自分の説を端から「異端」と決め付けられたのが許しがたかったらし、くハートが黒く硬く変化していました。

そこでヒーリング&説得です。

今は天動説を信じている人は一人もいないこと、そしてアストラル界にはアストラル図書館があり、そこには宇宙の膨大な真理が納められている事を伝えると、興味を持ったようでした。

そこで男性は宇宙イルカに乗ってアストラル図書館へ。tokageはH・T様@現世のヒーリング再開です。

H・T様のオーラが、先ほどの赤からパステルピンク&パステルイエローに大変化しています! そして宇宙イルカに導かれるまま、H・T様のハートを重点的にヒーリングしていきます。

「このヒーリングの意味は?」と訊くと、「ハートが傷ついても、すぐに修復できるように」と言うので、「ハートが傷つかない方が良いんじゃない?」と言ったら、

「ハートが傷つかないってことは、心が何も感じられないって事でしょ!

を・・・をををををを・・・・。た、たしかにー。

心が傷つく事は辛いけど、苦しみや辛さからしか学べない事はたくさんあるし、そういう事を知っているからこそ、幸せを感じられるんだよね。いやいや奥が深いぜ、宇宙イルカ!!

そこへH・T様の過去生の男性が宇宙イルカに乗ってやってきました。わざわざお礼を言いに来られたようです。

最初の苦悩する眉間皺はどこへやら。すっかり「エンジョイしてます、イエーイ!」なイイ笑顔です。よっぽどアストラル図書館が性に合った様子。楽しそうでなによりです。

長くなるので、ここでいったん終わります。・・・ごめんなさい!

愛はシンプルなもの

宇宙イルカとtokageの関係について、タイムリーなご質問をいただいたので。それをちょっとUPしたいと思います。リア様、ご質問ありがとうございます。

tokageと宇宙イルカとの出会いは、あっちこっちのタグの記事に書いていますが、肝心の「宇宙イルカ倶楽部」のタグでUPしたことはないんですよねー。

tokageと宇宙イルカのファースト・コンタクトは、レイキの伝授がきっかけでした。

伝授終了後、先生が「tokageさんの周囲をイルカが泳いでいたわよ」と仰ったのです。

その時のtokageはスピの初心者も初心者、超初心者でしたので、大変失礼ながら、

「(まともそうに見えても)先生もいっちゃった人だったんだ・・・(汗)」と思ったものでした。

tokage自身がイルカをイメージで見たのは、クリスタルヒーリングを習った時でした。

クリスタルを使って前世を観る授業がありまして、そこでtokageは自分がかつてクリスタルの魂を持つ、異星人だったことを思い出しました。

その辺の詳しい事は「クリスタルな前世!?」をご覧下さい。

そこに出てきたのが、過去生のtokageの遊び友達だったイルカでした。とは言え、その頃もスピリチュアル超・初心者。

レイキの時に出てきたイルカと、前世瞑想で出てきたイルカを結びつけて考える事は、まったくありませんでした。

次に宇宙イルカに遭遇したのは、サイキック講座中級を受けていた時です。 コチラを参照 → http://aitobonnoutokoukisin.blog.so-net.ne.jp/2008-11-27

この時はサイキック講座中級の再受講という事もあり、それ以外にもレインドロップやセラフィム・ブループリント、リコネクション等を受けたりしていたので、宇宙イルカとのコンタクトを取りやすくなったのでしょう。

But,この時も宇宙イルカとは特別コンタクトを取ろうと思ったりはしませんでした。つーか、出来ると思っていませんでした。

この頃、参考の為にあっちこっちのスピ系ブログを巡っていまして。偶然知ったのが「イルカハートフルエナジーヒーリング」なるものでした。

どうやらイルカのエネルギーでヒーリングする模様。同じ系列のイルカかどうかは解りませんが(笑)、


「ひょっとして、tokageにも出来るんじゃね?」


そこで湯船に浸かりながら宇宙イルカとコンタクトを取ってみると・・・。


「呼んだ?」


コンマ2秒でご登場の宇宙イルカ様。

うん、呼んだよ。呼んだけどさぁ。せっかくだからライノベ的な感じで登場してくれないかな。

「我、汝の召還に応えて参上せり。宇宙の言霊を地の星に伝える者よ。云々・・・」みたいな(爆)。

そう言ってみたところ、


「そんな登場のしかたしたら、tokageがビビッちゃうでしょ」


・・・ええ、まぁ。真性ビビリ科内弁慶属性のtokageですので。

前世からのお友達(?)ですので、それなりの信頼関係はあるのでしょう、ええ、きっと、たぶん・・・(笑)。

んで、宇宙イルカ達に「信頼って、なんだろうね?」と尋ねたところ、

「愛でしょ」

だって。彼らの理論はいつでもシンプルです。

逮捕されちゃうぞ★

宇宙には、私達の魂の歴史書が納められたアストラル図書館、私達の善行を貯める宇宙銀行、宇宙病院、そして宇宙警察があります。

アストラル図書館と宇宙銀行はtokageにとって馴染みの場所ですが、今まで一度も宇宙病院と警察は行った事がありません・・・でした。ええ、つまりは行ってしまったのですよ(汗)。

それは先週のこと。暇だったので、久しぶりにアストラル図書館に行ってみることにしました。

・・・って、すげー簡単に言いましたよ、このオンナ。

慣れた場所なので一人でも行けますが、この日は珍しく案内人を頼みました。さぁ、いざアストラル図書館へ!!と、思ったのですが・・・。

気がつけば見慣れぬ場所に立っていました。

そこは薄暗い部屋で、真ん中を大きなガラス窓で区切られています。

外国の刑事ドラマや映画に出てくる、事件の容疑者をいっせいに集めて目撃者に面通しさせる部屋ありますよね、ちょうどあんな感じ。

ガラス窓の向こうには白人の男性が居て、不安そうにベンチに座っています。気付けば案内人いないし(汗)。

アストラル図書館とは雰囲気の異なるこの場所にビビリながら、そっとドアから部屋の外の様子を伺うと、そこは近代的なオフィスで、青い制服のシャツを着た警察官と思しき黒人の男性達が行き来しています。

どうやら宇宙警察署に迷い込んでしまった模様。宇宙 DE 迷子なんて、スケール大きすぎるやろ、自分。

しばらく振りに自分を嫌いになりつつ、傍を通ったお巡りさんに「迷子になりました~」と自己申告(涙)。無事三次元に届けてもらいました。それが先週のこと。

さて今週の月曜日のことです。ちょーっと体調が良くなかったtokageは、自己ヒーリングをすることにしました。

会社のトイレに閉じこもり、エネルギーを送ってみたのですが、体の右側にブロックがあって、いまいちエネルギーの通りが良くないんですね。

頑張ればなんとかなりそうですが、場所が会社のトイレだけに、あまり時間もかけられず。どーしたもんかと考えていたtokageの脳裏に一振りのクリスタルの剣が浮かびました。

これは実際に現実に売っていたモノなのですが、刃に使われていたクリスタルも見事なら、柄の細工も見事、ついでに値段も見事という、見事尽くしの代物。

一緒に居た友人と「誰が買うんだろうね~」といいながら見ていたのですが、あの剣のエネルギーを使えないだろうかと、ふと思ったんですね。

結論から言いますと、クリスタルの剣のエネルギーが使えてしまいました。

あまりにも簡単に使えてしまったので、コチラの方がビックリだよ!!

しかしね、これってある意味エネルギー上の窃盗ですよね!? お金出して買ったわけじゃないのに、その剣のエネルギーだけを使っているんですから。

その瞬間、なぜ先週宇宙警察に行ってしまったのかが解りました。

今回たまたまやってしまったエネルギー窃盗でしたが、今後意識的に窃盗を行えば、逮捕されちゃうぞ★って事ですね。

どうやら現実で行動する前に、イエローカードを渡されていたようです。

最近、こういう逆転現象が頻発しているんですよねー。アセンションが関係しているんですかね? とりあえず、宇宙警察にお世話にならないように、注意したいと思います。

T&Bクリスタル・アザーズ②-2

もともと自己否定が強かったイワンが超ネガティブマインドになってしまった、その事件とは。

アカデミー在籍中、イワンは親友のエドワードと共に強盗事件に巻き込まれてしまいます。

人質を助けるつもりが、逆に殺されそうになり、エドワードはイワンに助けを求めます。しかし恐怖と自信のなさから、イワンは動くことが出来ず、結果、エドワードは誤って人質を殺してしまいます。

アカデミー期待の生徒が一転して犯罪者へ。自分のせいで親友の人生を狂わせてしまったわけですから、そりゃー超ネガティブマインドにもなるよね。

とは言え、この事件イワンが悪いわけじゃなく。むしろ経験もないのに先走ったエドワードの方に非がありますが。

臆病と自覚しているイワンですが、言い換えれば慎重な訳で。そういう意味ではイワンの方がプロフェッショナル向きなのかも。

それでも「自分のせいで・・・!」と自分を責めるイワンに、虎徹は「そう思うなら、オマエがなんとかしてやれ」と言います。


「オマエはもうヒーローなんだから」

カッコイイぞ、おっさん! と、言いたいところだけど。せっかくキメたのに、つい「オレ、良い事言った」と自分で言っちゃうのが、おぢさんクオリティーだね(笑)。若いバニーちゃんに「ダセッ」て顔されちゃうし(爆)。

脱獄したエドワードを粛清しようとしたルナティックに立ち向かうことで、イワンは一つ成長の階段を上ります。

そんなイワン・カレリン君にはチャロアイトをメインにしたクリスタルグリッドを贈りましょう。
NEC_201269.jpg

真ん中にチャロアイトを置き、周囲を水晶&トルマリンで囲みました。上はスモーキークォーツ、下の白い石はハウライト・・・と言われていますが、個人的にはマグネサイトじゃないかと思うんだよね。

水晶とブラックトルマリンは色合いこそ地味ですが、オールマイティーに使えるクリスタルです。なんか自在に姿を変化させる折紙サイクロンみたいな奴らですよ。

浄化・エネルギーチャージ・魔除け・念願成就なんでもござれです。特にブラックトルマリンはガテン系オヤジみたいな、無口だけど頼りになるヤツだったりします。

スモーキークォーツは殆どが淡い茶色です。真っ黒なのはモリオンと呼ばれる黒水晶か、あるいは放射線照射したものです。

tokageが持っているのはモリオン系のケアンゴームと呼ばれるスモーキークォーツだと思います。この写真では解らないですが、かなり特殊な色合いなんですよ。

ネガティブなエネルギーを抜く力は、tokageの持っている石の中でも一、二を争います。

チャロアイトは変化の石と言われています。恐れを克服する魂の石でもあるそうです。他には意欲、活力、自発性をもたらし、ストレスや心配を軽減することができるそうです。

ネガティブなエネルギーをヒーリングエネルギーに変化させるそうですから、まさに折紙にぴったり!! 産地もロシアだし(笑)。色も紫だから、キミの瞳にぴったりよ、イワン君。

さてさて地味なイワン君が大活躍の8話ですが、これまた意識世界からみると、ニヤリとさせられるシーンがあります。

8話ラスト。虎徹はルナティックの攻撃からバーナビーを守って、大怪我をして救急車で運ばれます。救急車を見送ったバーナビーは足元にヒーローキャンペーンで使ったタスキが落ちているのに気付きます。

「Let’s Belive」と書かれたタスキを見ながら、虎徹を信じるかどうか葛藤するのですが・・・。

意識世界では逆なんですね。

意識世界では、意識先行現実後追いです。

バーナビーが無意識のレベルで虎徹を信頼していたからこそ、タスキに気付けたわけです。もしあの時点で虎徹を信頼していなければ、バーナビーはタスキに気付かなかったでしょう。

私達の現実は私達の意識によって作られている。とは、スピ系でよく言われるセリフですが、実はこういうカラクリがあったのでした。

どうです、面白いでしょ?

ほめて伸ばそう

ヒーリングキャンペーン中だから・・・という訳ではありませんが、宇宙イルカのエピソードをひとつ。

tokageは生理痛が酷い方です。生理中は某痛み止めのヘビーユーザーと言っても過言ではありません。

幸い今月は痛み止めを飲むタイミングが良かったらしく、あまり痛みを感じずに済みました。

とは言え、あくまでも「あまり」であって、痛いことには変わりないわけです(苦笑)。少しでも痛みが和らげばと思って、宇宙イルカのヒーリングをすることにしました。

下腹部に手を置いてみると、お腹が熱い・・・!

カイロを入れたかのように、手のひらはぽっかぽかした温かさを感じます。一瞬、カイロを貼っていたのかと思ったのですが、この日は薬のみでカイロなしでした。

つまりこの熱はイルカヒーリングのパワーと言うことで。

「宇宙イルカ、すげい!!」と心の中で叫んだ瞬間、


「やっとホメてくれたね」


耳元でハッキリ聞こえました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんか、いろいろ超ゴメン(汗)。

宇宙イルカとの付き合いは長いけど、考えたら一度もほめてあげた事って、なかったよね。

普通の人間だったら、とっくに嫌になっているよね。

これからは心を入れ替えて、一生懸命ほめてあげようと思います。

きゃー、うちゅういるかちゃんたちちょーすごい(←棒読み)。

T&Bクリスタル・アザーズ②-1

ここのところ、ちょっとブログをサボっていたので、まだ考察中ですが、ひさしぶりのT&Bクリスタル・アザーズをUPすることにしました。

今回登場していただくのは、折紙サイクロンこと、イワン・カレリン君です。
<
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 4 (初回限定版) [Blu-ray]TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 4 (初回限定版) [Blu-ray]
(2011/08/26)
平田広明、森田成一 他

商品詳細を見る


えっと・・・。ヒーロー名&衣装から解るように、イワン君は日本オタクです。

私は問いたい、そして問いたい。欧米の草食男子は本当に日本オタクに走るのだろうか? スカイハイ風にしてみました。

プラチナブロンドにパープルの瞳を持つイワン君は、若くてハンサムという、男性なら誰もが欲しがるようなハイスペックの持ち主ながら、超自己否定マインドの持ち主です。

tokageがヒーロー仲間だったら、背中を蹴り飛ばしてやりたくなるくらいのうっとおしさです。

でもまぁ、無理ないかな。折紙サイクロンのヒーロー名が示すとおり、イワンのNEXT能力は自らの姿かたちを変える「擬態」です。

カメラの前で派手に活躍して、ポイントを稼ぐヒーロー稼業には向かない能力と言えましょう。

それに対する苦肉の策・・・かどうかはわかりませんが、ヒーローTV内における折紙のお仕事は「見切れ」。

カメラのレンズに入る、しかし簡単には見つけられない場所に姿を現してスポンサーロゴをアピールします。

まさに「ウィリーを探せ」ならぬ「折紙を探せ」。これはこれで、ニッチなファンがいそうな・・・(笑)。

ちなみにtokageは「ウィリーを探せ」が超絶苦手でした。いつまでもいつまでも探してらんねーよ、ウィリー。永遠に迷子ってろ!! と、流行っていた当時は思っていました。そして今も思っています。

・・・tokageに探されるウィリーの方が不幸かもしれん。

話を戻して。人命救助の時はともかく、普通の犯罪現場では、折紙サイクロンのポイントは当然ゼロです。そりゃーネガティブにもなるわな。

イワン君って、生まれつきクヨクヨ考えるのが得意な誕生数7っぽいもんな(誕生数7の方、ごめんなさい)。

そもそも「擬態」はヒーロー向きの能力じゃないのに、なんでヘリペリ(イワンの所属企業)は、彼をヒーローとして売りに出したんだろう?

むしろ警察の潜入捜査員とか、CIAとかKGBとか、NATO軍情報部ボン支部とか(笑)、そっちの方が折紙の能力をもろ手を挙げて歓迎しそうじゃない?

エロイカより愛をこめて 39 (プリンセスコミックス)エロイカより愛をこめて 39 (プリンセスコミックス)
(2012/08/16)
青池 保子

商品詳細を見る

↑もろ手を挙げて歓迎してくれそうな方(爆)。

まぁ大人しい性格のイワンが、ガチな組織に所属したら、すぐに鬱病になりそうではありますが。

さて、シュテルンビルトには、NEXTの為の「ヒーローアカデミー」なるものが存在します。

我らがバーナビーと折紙は、この学校の卒業生です。

ヒーロー信頼回復キャンペーンでこの学校を二人とともに訪れた虎徹(主人公よん)は、そこで折紙の能力の凄さを目の当たりにします。

姿かたちだけでなく、擬態した相手の喋り方や動きの癖をそのままそっくり、真似ることが出来るんですねー。

さながら北島マヤのよう・・・。ひょっとして折紙の愛読書は「ガラスの仮面」なのかもしれません。

イワン・カレリン、恐ろしい子・・・!

正直、イワンがヒーローになってどれくらいなのかは解りませんが、この時点でイワンの能力に虎徹が驚いている様子から、あまりお互いコミュニケーションを取ってこなかったものと思われます。

イワンの性格から、みんなと積極的に関わってこなかったと思われるのですが、それにしても殺伐としていますな、ヒーローズ。まぁ、ポイントを競い合う間柄ですから、仕方ないちゃー仕方ないのでしょうが。

もともと自分に自信のないイワンでしたが、アカデミー在籍中に起きたある事件が元で、さらに自分の存在意義を否定するようになります。その事件とは・・・。

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。