スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の中の虹

先週からセラピスベイのボトルとワークを始めました。

全てのオーラソーマのボトルの中で、これだけが無色透明です。
NEC_2012331-1.jpg

浄化のボトルであり、これとワークすると本当に辛い思いをする・・・というのは、他のブローガーさん達が書いておられますが、一本目のボ

トルで「もーごっつあんです!!」と言いたくなるくらい大変な思いをしたtokageには、今更どーってことありません。

ウキウキしながら蓋を開けて匂いをかぐと・・・。強烈な草のかほり。

真夏の昼下がりに草原に立っているような、むっとするほどの青い匂いです。

タイタニアは一貫してラベンダーっぽい香りだったのになー。その後、草の香り → ローズウッドっぽい香り → ゼラニウムっぽい香りに落ち着いています。

ボトルの色も無色透明だったのは蓋を開けるまで。一度シェイクすると
NEC_2012331-2.jpg
お解りいただけます? オイルの部分が乳白色に変化して、そのままなのですよー。でも、これはtokageのボトルだけでなく、セラピスベイを使うとこうなるみたいですね。

タイタニアの時は、ボトルを振るとさーっと細かい泡が生まれてすぐに二層に戻ってしまったのですが、セラピスベイは細かい泡同士でくっついて、大きな泡になるんですよー。
NEC_2012331-3.jpg

セラピスベイは神智学で「古代の知恵の大師」の一人とみなされる存在であり、アトランティス破壊の時にエジプトに渡った「聖なる炎の寺院」の高位聖職者と考えられている・・・そうです。

なにが言いたいかというと、セラピスベイはオッサンのはずですが、tokageがボトルから感じるエネルギーは妖精のようなキュートなモノなのです。もー可愛いったら、ありゃしない。

全チャクラに対応しているとのことなので、咽喉や胸を中心にあちこち塗っています。あと両足首にも!!

足首に溜まったエネルギーを解放したいのよねー。ってな訳で、お蔭で使い始めて2週間に満たないのに、3/4程の残量になってしまいましたよ。

オーラソーマのボトルの中身はハーバルウォーターとエッセンシャルオイルです。これをシェイクして乳化させて使うのですが、最初の頃、何故かハーバルウォーターがやたらと出てきていたんですよ。

シェイクが甘かった? とも思ったのですが、ボトルの下部(ハーバルウォーター)は潜在意識を表すんですよね。なんか意味あるんですかねー?
スポンサーサイト

3で行こう!

いよいよタイタニアのボトルも終わりが近づいてきました。
NEC_2012320.jpg
こんなに少なくなっても、しっかり二層に分かれているんだもんなー、すごいよタイタニア。

次のボトルに移る前に、このボトルを塗っている間にtokageにどんな変化が起きたのかをこのブログに記録しておきたいと思います。

まず一日だけですが、肌がかゆくなりました。

もともと敏感で洋物は向かない肌(笑)。ボトルに含まれている何かに反応したのかなーと思ったのですが、一日お休みして、ボディオイルを塗ったら痒みが収まりました。次のセラピスベイはどうでしょうね?

あと、フラワーエッセンスのカテの時にも書きましたが、中学の時のムカつく記憶が蘇った!!

中学の文化祭の話です。tokageのクラスはリーダーシップのある子がいない訳じゃなかったのですが、積極的にクラスをまとめる子っていうのはいませんでした。

大人でも大勢で何かをやるときには、音頭をとる人がいないと中々動きませんが、ましてや中学生なんて!

いつまでたっても文化祭の準備は進まず・・・つーか、誰もやらず文化祭開始日はどんどん迫ってきます。

担任の先生がイライラするのを感じて、仕方なくtokageは本来の自分の役割だけでなく、ほとんどの事をやっていました。他の子に協力を頼もうにも、当時のtokageは友達って呼べる子がいなくてねー。

人手が必要なときは、周囲をヨイショして手伝ってもらっていました。

さて、文化祭の開催日も間近になってきた頃、周囲の生徒達もだんだん興が乗り始め、それまでtokageが代行していた役割も、本来の人達がやるようになってきました。

当然、tokageは手持ち無沙汰になってきます。仕事しているクラスメートをボンヤリとみていると、男子生徒が近寄ってきて、

「オマエ、いらねーから、もう帰れよ」

サンキュー、ゴッド。って嫌味の一つも言いたくなるような、ひでー言葉でしょ。

tokageが頑張ったのは誰かの為じゃなく、自分の為の行為だけど「ありがとう」でも「助かったよ」でもなく「オマエ、いらねー」なんだ。

その時のtokageがその言葉に怒ったり泣いたり反論したりしたかと言いますと、ないんだなー。

単純に諦めの心境でした。周囲に期待していなかったつーのもあったし。でも、それって絶望しているのと同じぢゃん。

その瞬間、もー怒りが収まらない収まらない。あまりのムカつきっぷりに、セラピスベイが塗りたくて仕方ありませんでした。

で、思ったのが。私達の自己信頼や自己愛が上手く機能しない場合、なにかと親との関わりが取り沙汰されますが、実は社会とのかかわりや本人の性質も無視できないファクターだなと。

愛情から出る親の評価を素直に受け止める子もいれば、社会からの評価に重きをおく子もいます(tokageみたいにね)、逆に親も社会も関係なし、自分が良ければOKな子も。

親 + 社会 + 個人の性質で、各自の自己評価や価値観は作られていくんですねー。

あとこれはエッセンスとの絡みもあるけど、強烈に自分のハートを癒したくなりました。

以前からハートを閉じている事は指摘されていたのですが、そんな状況が嫌になってしまったんです。なんらかの形で、自分のハートをケアしていきたいなとは思っています。

最期までボトルを使い切ったあかつきには、tokageのハートは癒されているのか!? それは最期までのお楽しみ。

それにしても、今回選んだボトルは見事に「3」関係ばかり。

タイタニア「85」は8-5=3、セラピスベイ「54」5+4=9で3の3倍、ドルフィン「33」、オベロン「86」も掛け算や引き算をすると、最終的には「3」になるんですよ。

tokageの数秘術のチャレンジ数は「3」。自己表現に悩む、生真面目すぎて楽しめない数字なんですよ。

自己表現はともかく、もうちょっと物事を楽しめるようにがんばります!(汗)

TIGER&BUNNYでクリスタルヒーリング ルナティック編②

さてシュルテンビルトのマイケル・ジャクソン・・・ぢゃなくて(笑)、我らがダークヒーロルナティックことユーリ・ペトロフ君に捧げたい、インナーチャイルド用クリスタルグリッドは・・・。

こちらだ!!
NEC_0123.jpg

慰めのロードナイトをハートに、その上にはインナーチャイルドのクリスタル、ダイオプテース。その上は水分含有率が高いアポフィライト、咽喉には溶解アクアマリン。

思いっきり「泣けーっ!! 泣くんだーっっ!!」なグリッドです(笑)。

お父さんが死んだ後、ユーリたんは泣いていない気がするんですよね。泣く暇がなかったっていうのもあるし、自分が殺してしまったショックで泣けないっていうのもあると思う。

泣くっていう行為は、心が事実を受け止めないと出来ないんですね。魔女仲間のむめみつき嬢曰く「体が硬いと泣けない」んだそうですが、ショックや恐怖、悲しみ等を強く感じると、人間の体って固まってしまうんですよ。

心を防御しようとする反応が、そのまま体に出てしまうっていう感じかな。だから泣けないというのは、心がその時の状態で留まったままとも言えるんですね。なので思いっきり泣くためのグリッドを。

インナーチャイルドの領域であるお腹には、愛のアメジストと、苦しみを取り除いてくれるレピドライト、元気付けのシトリンを配しました。

ロードナイトの左右には、Mr.レジェンドを象徴するパイライト、オリガをイメージしたピンクカルセドニーを配しました。

・・・クリスタルヒーリングの間だけでも、ユーリが幸せだった頃に戻れると良いな。

ユーリは正義を全うする為に犯罪者達を死刑していきますが、本当に殺したいのは父親を殺してしまった自分自身なんじゃないかな。

それにしてもさ。
「刮目してそのすべてを顧みよ真の罪人を裁きの標に導くことこそ私の正義翻って今貴様が偽りの正義の手に委ねられることそれを看過するのは私の信条に反するワイルドタイガー貴様の正義とはこんな所で潰えてしまうものなのか」
って、なげーぜ大将!! つーか、酔っ払いのたわごと並みに意味わかんねーし!! tokageだったら「呪文ですか? 呪いですか?」って聞いちゃうぞ、ユーリたん。

ルナテックのセリフで日本語憶えようとする外国人がいたら、どうしよう!?

さて、アニメを観て疑問に思ったこと。

マベえもんが虎徹/タイガーを殺人犯に仕立てるために、ヒーロー達&関係者を集めて洗脳をするのですが、その中になぜかユーリの姿がありませんでした。

ユーリはヒーロ管理官なので全ヒーローの素顔を知る数少ない一人です。何をおいても洗脳しなきゃいけない筈です。何で洗脳しなかったんだろう?

謎が謎を呼ぶマベえもんなのでした。

TIGER&BUNNYでクリスタルヒーリング ルナティック編①

ずいぶん前に書き上げていたのですが、いい加減UPしないと、腐りそうなので(笑)。TIGER&BUNNYでクリスタルヒーリング ルナティック編です。

今回登場していただくのは、シュテルンビルト法務局のヒーロー管理官兼裁判官兼ダークヒーロー・ルナティックという、三つの仮面を持つ男、シュテルンビルト一の働きマン、ユーリ・ペトロフ君です。

ビジュアル系バンドのボーカルの如く、バッチリ目張りメークのユーリたん。実は顔のやけどを隠すためだったりします。

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 [DVD]TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 [DVD]
(2011/07/22)
平田広明、森田成一 他

商品詳細を見る

イマイチ解りづらいけど、顔色の悪い左側の彼がユーリ君。

というのも、ユーリのお父さんはMr.レジェンドと呼ばれた、NEXTヒーローのパイオニアでした。

ところが息子のユーリに能力が発生したためNEXT能力が減退してしまい、ヒーローとしての役割と周囲からの期待にこたえられない自分に焦り、やがて酒と暴力に逃げるようになります。

パパは元々お酒が飲めない人だったのか、回想シーンでは紅茶を手にしています。そういう人がお酒に走るんだからなー。よっぽど追い詰められていたんだろうなー。

そんな夫に、「あなたは精一杯やったわ」と慰める妻オリガ。しかしその言葉は「オマエに何が解る!」と一蹴されます。

花王愛の劇場の夫婦喧嘩シーンでよく交わされるやり取りですが(爆)、オリガにしてみれば、いくらNEXTとは言え、愛する夫が危険な場所に単身飛び込んでいくのを観るのは、やはり辛かったと思うんですよ。

NEXT能力が減退したのを機に、穏やかな人生を歩んで欲しい、と願うのは妻として当然のことだと思うんです。

一方のMr.レジェンドの「オマエに何が解る!」というのもまた、真実なんだよねー。

NEXTに対する差別がまだまだあからさま時代。ヒーローとしてTVに映る(=社会的に認められた立場)Mr.レジェンドは、差別されているNEXT達にとって、希望の象徴だったと思うんですね。

Mr.レジェンドも差別される立場なわけで、その人達の気持ちを痛いほど良く解っていたと思うんです。自分がヒーローでなくなった後、また差別や迫害が激しくなるかもしれない・・・。そう思ったらヒーロー辞められないですよね。

まぁヒーローと持て囃された立場から一転、只人になる事の恐さもあったと思うけど。

深くなる絶望に比例して増える酒量、激しくなっていく暴力。そんな両親の姿を子供のユーリは物陰で震えてみているしかありませんでした。

そんなある日、母親を殴る父親を止めようと、ユーリは二人の間に飛び込みます。不幸なことにユーリのNEXT能力が発動して、父親を焼き殺してしまいます。

その様子を目の当たりにしたオリガは正気を失い、以来、息子のユーリを責め続けます。

回想シーンに出てきた子供の頃のユーリは線が細くて、気の弱そうな感じ。そんな子が勇気をふりしぼって体を張った結果が、父親の死と母親からの怨嗟だなんて、切ないとしか言いようがないです。

ユーリは父親を止めたかっただけで、殺したかったわけじゃありませんから。

一見すると、オリガは酷い母親のようですが。レジェンドが現役で活躍していた頃のNEXTの差別というのは、たとえ実子であっても、親が「いなくなってくれればいいのに」と言われるほど、酷いものだったわけです。

Mr.レジェンドのネクスト発生が結婚前か後かは解かりませんが、NEXTの夫と添い遂げたオリガの愛は生半可なものではなかったと思うんですよ。子供も当然、愛していたと思うのですが、愛する夫が愛する息子に殺されたという現実に、気持ちがついていけなかったんだろうな。

あれ、なんかMr.レジェンド&オリガ語りになっちゃったぞ。年齢的にはこちらの方に近いもので(苦笑)。

誤って父親を手にかけてしまったユーリは、両親の精神的な保護と慰めを失ったまま、大人にならざるを得ませんでした。

長じてシュテルンビルト法務局のヒーロー管理官となります。一方でダークヒーロー・ルナティックとして、シュテルンビルトの法律では死刑に出来ない犯罪者達を殺してゆきます。

生前のレジェンド・パパは熱い正義の人で、息子に正義を為すことの偉大さを懇々と説いておりました。息子はそれを受け継いで犯罪者に血の粛清をするようになるんだけど・・・ぱぱはそーゆー形で正義を為せとは言っていないぞ、ユーリ。

でもさ。宇宙人みたいな衣装はともかく、ルナティックのユーリたん、すごーーーーくセリフが大げさ。しかも動きがやたらとくねくねしてるし。マイケル・ジャクソンみたいだぞ、ユーリたん。マイケルと一緒にムーンウォークしながら「WHO’S BAD」って歌えばいいと思うの。

マイケル・ジャクソン シークレットフェイス vol.3 [DVD]マイケル・ジャクソン シークレットフェイス vol.3 [DVD]
(2011/01/25)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


いつもながら、続きます。クリスタルグリッドは日曜日頃には写真を掲載できるといいなー。

悪霊の午後

・・・と言っても、別にサイキックな話ではなく。

遠藤周作の作品のタイトルです。人々の心の奥底に隠された欲望を目覚めさせてしまう女性と、彼女を取り巻く人々のお話です。

この作品を初めて読んだ子供の頃は、作品にただよう背徳的な雰囲気にドキドキしたものですが、大人になった今では、人々の醜悪な欲望を否応なしに目の前で見せられる女性の気持ちは、どんなものだったのだろう、と思いますね。


TVでもさんざんやっていますが、オセロの中島さんが、噂の占い師から無事離れたそうですね。

tokageも同じような仕事に就いているので、この事件は気になっていました。

中島さんは占い師に洗脳されていると、TVでは報道されていましたが、tokage的には、むしろ中島さんの心の闇が、今回の事件を起こしたのではないかと思っております。

人間の心には「誰かに頼りたい、縋りたい、守ってもらいたい」という願望があります。トップに立てば孤独になるが故に、この願いはいっそう強くなります。

一方で「他人に認められたい・頼られたい」欲求があります。さらには「他人を支配したい」という欲望も。

健全な関係性であれば、前者は「協調性のある人」となり後者は「リーダーシップのある人」になります。

しかし両者のパワーバランスが崩れると、今回のような事件を引き起こしてしまうわけです。

もちろん件の占い師の方も過剰な野心や功名心を持っていたでしょうから、どちらかが一方的に悪い訳ではないと思うのです。

ま、ね。全部が全部とは言わないですけど、自分の支配欲を満足させるために、占い師やカウンセラー等のマインド系ビジネスをやる輩もいますのでね。

幸か不幸か、tokageはこーゆータイプは目があった瞬間、解かります。向うも解かるらしくて、妙に絡んでくるんですよね。五月蝿いつーの!

今、思い出したのですが。tokageが以前勤めていた会社の部長は、異様に支配欲の強い人でした。

彼にあることないこと吹き込まれたせいで、仲たがいをしたグループがありましたね。

「キミの為に、僕は嫌な役目を負っている」振りが上手くてねー。心底誠心誠意な態度で振舞うなので、周囲が騙されるんですよ。

で、今回みたいな事件を防ぐにはどうしたら良いか。

・自分が夢中で無心になれる時間を作ること。
スポーツ、趣味、料理、裁縫、掃除、なんでもOKです。無心に楽しめる時間をとにかく持つこと。

・一緒にいて、気持ちが上向きになれる人と過ごす事。
自分のエネルギーが上がります。

・悪い事に過剰反応しない(爆)。
これは対占い師だけじゃなく、対人関係全てに当てはまることですかね。

たとえ嫌なことを言われたとしても、それが自分を向上させてくれるものなら、冷静に受け止めれば良いですし、そうでなければ、受け流せば良いだけの事です。

ちなみにtokageは良識がありすぎて、他人を支配するなんてとても無理。

なので芸能人の皆様、お悩みがあるときは、安心してヒーリングスペースTOKAGEにお越し下さい!?
sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。