スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちのアチューンメントでショウ?②

さて、一方のセラフィム・ブループリントですが。

reikiをメジャーリーグだとすると、こちらははさしずめご町内の草野球チーム・・・っつたら失礼か(笑)。それくらいの知名度の違いがあります。

欧米ではreikiは健康保険の対象になっていますし、リコネもかなりメジャーだと思われます。セラフィムはどれだけの知名度&ニーズがあるのかなぁ・・・。好奇心の鬼を自認するtokageですが、生憎と聞きそびれてしまいました。

まぁ、キリスト教圏ならスムーズに受け入れられているのかもしれませんね。ひょっとしたら意外に天使激戦区かも!? 欧米のスピリチュアル・ヒーリング事情に詳しい方がいらしたら、ぜひ教えていただきたい。

で、セラフィム・ブループリントの利点
・天使を召還してアチューンメントを行うので、エネルギーがクリアー。
・アチューンメント料が統一されている。

天使と言う時点で信じられない方にはハードルが高いかと思われますが、創設者のルース・レンドリー女史から直接受講を受けないと、ティーチャーにはなれないシステムなので、質という点で安心かと思われます。
reikiだと途中でティーチャーを変えると、またファーストから伝授しなおし・・・という事もあるそうですが、セラフィムは途中でティーチャーを変えても、大丈夫です。

アチューンメント料はちゃんと定額が定められていますので、全国津々浦々どこで受けても金額は変わりません。
参加人数によって受講料は変化します。1名¥45,000 2名¥25,000 3名¥20,000になります。ただし、2日かけて伝授されるレベル4・6は参加者1名¥80,000 2名¥45,000 3名¥35,000となります。

セラフィム・ブループリントの欠点
・圧倒的にティーチャーの数が少ない。
・知名度が低い

東京ならいざ知らず、地方だと参加者を募って、ティーチャーに出張に来てもらうということもあるみたいですね。
知名度に関しては、開業するのではない限り、あまり関係ないかなと思っています。

レベル1が自他へのヒーリングエネルギーの伝授、レベル2が自分自身のプロテクト・エネルギーの伝授となっていますので、レベル1、2は必須という感じですね。

タイミングが良ければ、あるいは気長に待つ覚悟があるならば、けっこうお手ごろ価格なアチューンメントだと思います。

体に手を当てるreikiに対して、セラフィム・ブループリントは体を挟んでヒーリングを行います。
reikiが「面」、セラフィム・ブループリントが「線」という感じでしょうか?

エネルギーの有効活用の内容はどちらもさほど変わらないかな? セラフィムのレベル4以降になると、かなりスピリチュアル度がUPするので、ここまで行く人はそもそもtokageの知ったかぶりブログなど読まれないでしょうな。

どちらもそれぞれの良さがありますので、ご自身のお財布事情&感性でお好みのエネルギーをチョイスなさって下さい(笑)。

tokageがセラフィムのアチューンメントをお願いしたのは、東京足立区にある「ライトオブグレースヒーリングサロン」様です。

電話による遠隔のアチューンメントも行っていらっしゃるので、興味のある方はHPをご覧になってください。

どちらにせよ、エネルギーは道具です。しかし使っている人の心の在り方をそのままそっくり反映して、変化する恐ろしい道具でもあります。

より良いものに変えていけるかどうかは・・・自分自身の心にすべてかかっているのです。

tokageはエクスカリバー(アーサー王の物語に出てくる伝説の剣)より、フツーの文化包丁の方が使いやすいけどね。
スポンサーサイト

どっちのアチューンメントでショウ?

天使様にせっつかれてはじめたセラフィム・ブループリントのアチューンメント、当初はレベル4まで受けるつもりでしたが、レベル3終了した時点で、すっかりダウンしてしまいました。1ヶ月の間に3回もアチューンメント受けてりゃ、当然か(汗)。

reikiの伝授を受けたときはこんな風にならなかったのになー。トシのせい・・・いやいや、経験を積んでエネルギーに敏感になったと言うことでしょう。

tokageのブログを訪問してくださる方の中には、なんらかのアチューンメントを受けることを考えてる方もいらっしゃると思います。

そんな方の為に、今回の経験を踏まえて、reikiとセラフィム・ブループリント、各アチューンメントのプラスマイナスを、tokage個人の独断と偏見で挙げてみたいと思います。

ただし。これはあくまでもtokage個人の経験から導き出されたものであり、万人に当てはまるものではありません。あくまでも参考程度にとどめておいてください。文句・苦情はノーサンキュウでございます。

reiki
日本発祥のもっともポピュラーで、手軽に受けられるヒーリングエネルギー。シンボルを使って、エネルギーを作動させる。

利点
・ティーチャーが大勢いるので、自分の都合のよい時にアチューンメントが受けられる。
・ヒーリングのポジションが体系化しているので、初心者でも使いやすい。

初心者の場合、ある程度型が決まっている方が使いやすいと思われます。他のエネルギーでも応用できますし。tokageは伝授の時にいただいた資料とは別に、reikiの書籍を持っていますが、症状別にどの部位に手を置けば良いか書かれており、大変便利です。

欠点
・ティーチャーが多すぎて玉石混合。
・伝授料が統一されていない。

tokageがティーチャーを選ぶのに、一番困ったのが料金でした。上を見ればン十万、下を見れば無料という世界です。伝授後に自分がそのエネルギーをどう使いたいのか、フォローアップはどうなっているか、で判断するしかないかな。お金は・・・あっちこっちのHPで値段を比較検討して、自分に出せる範囲の所を選べば、少なくともお財布的にはOK。

ティーチャーの質に関しては・・・授業を受ければ誰でもティーチャーになれるシステムですからね。
外国で発展したreikiは、商標登録してかなり厳しいシステムを設けているらしいですが。この辺は日本reikiの課題かもしれません。

reikiティーチャーだけじゃなくて、すべてのヒーラー&セラピストに言える事ですかね、これは。

プラスマイナス上げれば切りがないけど、やっぱり基本はreikiって思います。経験者として言わせてもらえば、reikiはサードまで受けた方が良いと思いまよ。

次はセラフィム・ブループリント、行きまーーーーす!

sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。