スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議したくて冒険したくて⑩

セラフィム・ブループリントレベル2の最後のエネルギー伝授は「クンダリーニ・チャネルの活性化と調整」でした。

超能力開発に興味がある方はご存知だと思いますが、クンダリーニとは、尾てい骨の内側にあるとされているエネルギーで、これが覚醒すると、潜在能力や超能力が開花すると言われているそうです。

女性の場合、ごく稀に出産の時に骨盤が開いたことで、クンダリーニが活性化することがあるそうです。

で、いくら潜在能力や超能力が欲しいからと、クンダリーニを急激に活性化することは、当然危険です(体調を崩したり、情緒不安定になったりするそうです)。

しかし。セラフィム・ブループリントで伝授されるエネルギーを使えば、安全にクンダリーニを活性化することが出来るそうです。

このエネルギーを寝しなに流しているのですが、本当に尾てい骨から頭の頂点まで、背骨を伝って一気にエネルギーが走るのを感じることができます。

でも超能力でモノを動かしたり、海外へテレポテーションすることは出来ません。今はまだ(笑)。

このエネルギーを伝授されている間、不思議なビジョンを視ました。

そこは赤茶けた崖がある場所で、大地にはコケのような植物が生えていました。

真ん中に荒く削って作られた水晶のドームがあり、tokageが触れると柔らかな物質に変化して、tokageを中に招き入れてくれました。

ドームのど真ん中に寝そべると、白いローブを羽織った、白銀の髪の女性が、tokageのチャクラにマカバ型のクリスタルを埋めてゆきます。

場面が変わって、tokageは大理石の湯船に浸かっていました。

先ほどの女性が湯船に寄りかかり、親しげな様子で「地球には貨幣経済があるって、本当?」と話しかけてきます。

「本当だよ。それが戦争の原因になったり、悩みの種になったりするけど、地球っておおむね面白いよ。あなたも行ってみたら?」

「行ってみたいけど、踏ん切りがつかないの」

本当に悩ましげな様子で、女性がため息をつきます。どうやら、彼女とtokageは親しい間柄のようです。

お風呂を出てコックピットに行くと、やはり同じように白いローブを羽織り、白銀色の髪をした人々が「おかえり、久しぶり」と親しげに挨拶をしてくれます。

tokageがシートに座ると、宇宙船はワープして、ある惑星にたどり着きました。

そこは建物も道もすべて白い物質で作られていました。空も大地も何もかもが白くて、作り物のように見えます。

お茶に誘ってくれる友人に「図書館に行かなきゃいけないから」と断るtokage。

図書館は広場の中心にありました。天井の高い建物で、受付の前を顔パスで通り過ぎます。

建物の最奥に行くと、そこは壁一面に本が詰っている部屋がありました。部屋の中央には長い白い髭を生やした老人が座っています。

tokageは彼に挨拶すると、チャクラからクリスタルを取り出しました。彼は大きな水晶の玉にそれを入れると、クリスタルは、玉の底に沈んでゆきました。

その様子を見ながら、老人は「我々人類はどこから来て、どこへ行こうとしているのか・・・」と呟いていました。

この人の口ぶりからすると、この白い人々は人類と祖先を同じくしているのでしょうか?

老人はtokageと話したそうにしていましたが、tokageは「時間がないので」とその部屋を後にしました。

お年よりは大切に!

なんとなく「ここの人達って、何の遊びをしているんだろう?」と思いながら図書館を出ると、広場で二人の男性が棒術をしていました。

相手の頭より高い位置でとんぼ返りをしたり、なかなかアクロバティックです。

「どうして超能力を使わないんだろう?」と考えたのですが、すぐに「ルール違反なんだ」と答えが出ました。

超能力を持っているからこそ、体を意識的に動かすことに意味があるみたいです。

「どっちが勝つか賭けない?」と叫ぼうとして、気付きます。

この世界は貨幣という概念がないので、当然ギャンブルという遊びも存在しないのでーす。つまらん!

やがて棒術をやっていた男性がtokageの所にやってきました。

「こっちに戻ってきていたんだ」
「うん、ここの人々がどんな遊びをしているか知りたくて」
「だから急に×××(棒術の名称)がやりたくなったのか」

ふーむ。どうやらここの人々は、個々人の意識とは別に、全体で一つの意識を共有しているようですね。

友達がtokageをカフェに誘ってくれたので、オープンカフェの椅子に座ると(これも白かった!)、テーブルの一部が飲み物と食べ物に変化しました。

どちらも白く、味がしません。いささかウンザリしながら、飲み食いしていると、顔見知りだけどあまり親しくない女性が物凄い勢いでtokageのテーブルに突進してきました。

「ね、ね、聞いて! わたし、今度地球に行くの。そうしたらドラマみたいな大恋愛するのよーーーーっ!!」

この世界の人々にはありえないハイ・テンションぶりに唖然とするtokage。周囲も苦笑しています。どうやら彼女、ここの人々よりちょっと感情表現が豊かで夢見がちなようす。

しかし彼女の言葉からすると、この世界の人々は何らかの方法で地球の文化や地球人の考え方というものを、情報として仕入れているようです。

そのとき、tokageの膝に真っ白な猫が飛び乗りました。大きさは猫ですが、姿かたちは虎でした。翼竜に乗りたいと、tokageにテレパシーを送ってきます。

「この子送っていくね」tokageが立ち上がると、その場にいた人々の姿がおぼろげになりました。

「またね、元気でね。また遊びに来てね・・・」

優しい声に送られながら、tokageは翼竜に乗りました。そして森の端に住む野生動物たちの元に虎を送り返したのですが、動物達も白かったです(涙)。

正直言って、友人達(?)の元から離れる時、tokageはホッとしていました。

あの世界(どの世界か良く解らないけど)は、息が詰るのよねー。

確かにみんな仲良くて戦争もなくて、静かな愛情と調和に満ちた世界でした。争いも諍いもない世界です。

だけど、つまんないのよーーーーーーっ!!!!!!!!!!!!

たしかに地球って混沌としているし、戦争は絶えないし、人間同士の諍いや殺人は途切れることなくあります。私利私欲しか考えない人々は山の様にいるし、人の苦しみを省みることなく、自身の幸福のみを求める愚かな人々もたくさんいます。

だけどだけどだけど。この星は可能性に満ちている。混沌として愚かで、それゆえの力強さと可能性に満ち溢れた世界なのです。この地球は。

傷つくことのない優しい世界は、それだけで完成してしまっている。そこに何の変化も進歩もありはしないのです。

だから私は、どんなに傷ついても、この世界がいい。哀しみの涙があるからこそ、喜びの涙も流せるこの世界がいい。

泥の中に、しかし確実に光り輝く尊いものが存在しているこの世界がいい。

・・・と言えるのは、今のtokageが幸せだからでしょうね。良く考えたら、費用なしで宇宙旅行してきたのよね。これも一種のテレポテーションなのかしら???
スポンサーサイト

不思議したくて冒険したくて⑨

セラフィム・ブループリントのレベル2には、「脳の再構築」をする為のエネルギー伝授があります。

人間の使用されていない脳の80~90%を、使用可能な状態にするためのエネルギーなのでしょう、きっと。
これをアチューンメントされることにより、意識の拡大を加速化させ、まだ活性化されていないDNAを活性化するそうです。

「すごーい、さすがセラフィム」と言いたいところです

多かれ少なかれ、どのエネルギーも伝授されることによって、脳が再構築されるとおもうんですよね。別の言い方をすれば「チャンネルが開く」。

reikiを伝授されて、スピリチュアルなものが見えるようになったり、感じられるようになった話はいくつもありますし、リコネなんて、完全に脳の再構築していますよね。

意識して脳を再構築するエネルギーを毎日流す・・・ところに、セラフィム・ブループリントの特色があるのかもしれません。

リコネのエネルギーを何でもアリの八宝菜丼だとしたら、セラフィム・ブループリントは彩りよくおかずを詰めた、幕の内弁当でしょうか? これはあくまでもtokage個人の感想ですけどね。

関係ないけど、八宝菜にウズラの卵が入っていないと、哀しいよね。

そういえば、このエネルギーをアチューンメントされているとき、いつものように映像が視えてました。

名残雪でぬかるむ大地を、白いフードのついたマントを羽織ったtokageが、毛足の長いバッファローのような動物に乗っています。お包みの赤ちゃんを胸にしっかりと抱きしめています。

頭上に咲く木蓮の似た花の間から、自分の姿を覗きこみながら、「これはいつの時代だろう?」と考えていました。と、同時に「来世」という答えがどこからともなく・・・。

いままで散々(でもないか)、過去生を視てきたけど、来世は初めてです。ってか、また生まれ変わるのかよ!?

しばらく行くと、雪を抱く峻烈な山々を背に、白い布で屋根を張ったお店が集っているのが見えました。どうやら市場みたいです。

tokageはそこで、赤ちゃんの額を包む赤いバンダナを買いました。アイヌに似た文様が染め抜いてあります。ついでに、自分の髪を結い上げるための青いリボンも買いました。

tokageが視ている世界では、色物を身につけるのは特別な事&地位のある人にしか許されていないようでした。

石造りの家に帰ると、白いワンピース風の服を着た女の子がtokageを出迎えました。彼女の服は袖なしで、tokageに比べてずいぶん質素な出で立ちです。

「この子はなんだろう?」と思うのと同時に「奴隷」と言う答えが・・・。身分の上下がはっきりしている世界のようですね。もっとも、tokageが考える「奴隷」と、この世界の「奴隷」とは意味合いが違うのかもしれませんが。

しかし、雪が残るくらい寒いのに、袖なしのワンピースを着せるたぁ、来世のtokageはけっこう人でなしっぽいですな。

この映像で特筆するような事はなにもなく、気がついたらアチューンメントが終わっていました。今までいろいろスピリチュアル・ヒーリングを受けてきましたが、来世なんて初めて視ました。

過去生を視ている時って、「ああ、知っている」っていう感覚があるのですが、来世は登場人物達との間にちょっと距離がありましたね。興味深い体験でした。

地球に似た感じの風景でしたが、未来の地球という感じではありませんでしたね。また別の惑星なのかな?

不思議したくて冒険したくて⑧

セラフィム・ブループリントを受ける事が決まったとき、tokageは神様にお願いしました。

曰く「最低金額、最短期間で(アチューンメントを)終了させてください」

願い叶って、レベル1を受けた1週間後に、レベル2を受ける事になってしまいました。個人的には1ヶ月1回のアチューンメントで、順当に行って4ヶ月で終了すればいいなーと思っていたのに。

さすが神様、神業です。他のお願い事もこれくらいのスピードで叶えていただきたいものです。

セラフィム・ブループリントは、受講する人数によって、受講料が変わります。一人だと45,000円かかりますが、二人になると25,000円、三人以上で20,000円になります。
ヒーラーさんの生活を保護するためなのでしょうか?

個人的にこれはこれで理に適っていると思っています。財布的にはキツイですけどねー(苦笑)。

レベル2では、カルマの限界を取り除くエネルギーと、宇宙を組織化する究極のエネルギーを伝授されます。・・・・・・正直、良く解らないのですが、より高度なスピリチュアル能力を得るためのアチューメントというところかな?

しかし、そーゆーエネルギーというのは、当然強力なわけで。前回ヒートしすぎたせいで、最悪の体調だったtokageには、ちと辛いものがありました。花粉のせいでくしゃみ止まらないし頭重いし・・・。

そんな状態で「(カルマの)制限を取り除くパワー」のアチューンメントを受けたせいか、頭に物凄い痛みが走りました。
レーザーメスで、頭蓋骨を焼ききっているような感じ。ビリビリするような、ガンガンするような、しびれるような痛みです。

まず最初に頭の左側に痛みを、つづいて右側にも痛みを感じました。自分の意志とは無関係に、頭がぐるぐる回ったり、左右に動いたりしています。

アチューンメントを受けている最中に、体が動くタイプと動かないタイプがいて、tokageは後者なんですが、この日は珍しく動いていました。

そんな中で見たのは、宇宙空間にぽっかり浮かぶ地球でした。天女たちが羽衣の裾をはためかせながら、地球の大気の流れに乗って、くるくる回っています。

今回のアチューンメントは具体的な映像はこれ以外にあと一つだけで、あとは曖昧なものばかりでした(残念ながら)。

アチューンメントが終わって目を開けると、左足の膝下がビリビリしていました。

実は去年の夏ごろから左足の裏が痛くてですね。四六時中ではなく思い出したように痛むのですが、何人かの友人達に「冷えが原因では?」と言われていたのでした。

「冷え」って、血や水分だけじゃなくてエネルギーそのものを滞らせるんですよねー。エネルギーが通った証拠なんでしょうかね? もっともtokageの足裏は今も時々痛みますますが(苦笑)。

この日、体に痛みを感じたのはこの時だけでした。他はいろんな映像視すぎて頭パンク状態になったくらいでしょうか?
一緒にアチューンメントを受けていた方達には特に何も感じなかったそうですから、たまたま体調が悪かったせいで、エネルギーに過剰反応したのかもしれませんね。

不思議したくて冒険したくて⑦

その後2つほどエネルギーをアチューンメントされ(この時は、イメージを「視ない」ようにしていました。さすがに疲れたので)、最後に「聖なるものとの融合、宇宙と個人の魂の目的と調和を促進」(・・・ああ、なんて長いタイトル)するエネルギーのアチューンメントでした。

目をつぶると、グランドキャニオンのような切り立った崖と、赤茶けた大地が見えました。

大地の真ん中に舞台のような平たい岩があり、そこに金色に輝く卵がありました。

卵が割れ、なかから長い尾を持つ光り輝く鳥が誕生するシーンは、まさに手塚治虫の「火の鳥」のワンシーンです。

・・・20世紀以降はまさに映像の世紀で、特にtokageよりちょっと年上の世代から、アニメや漫画でいろんなイメージを植えつけられているので、正直、これが自分が本当に視たものなのか、それともアニメなどの映像を記憶のデータバンクから引っ張り出してきて、視ているものなのか、判別つかないんですよねー。

長い尾を持っていることから、朱雀か鳳凰だろうと当たりをつけるtokage。鳥は大きな翼をはためかせ、tokageの腕に止まったと思ったら、場所は一転し、tokageは真っ白い宇宙船の中にいました。

宇宙船には宇宙が2メートルくらいの卵形に切り取られ、tokageは床にじかに座って、それを眺めています。そんなtokageの周囲に、先ほど生まれた鳥が・・・真っ白いニワトリが、黒い蛇を突っついて食べています。

鳳凰って、蛇を食べたっけ?

あまり東洋の神獣に詳しくないtokageの中途半端な知識によると、蛇を食べるのは太陽に関係する黒い鳥だったような・・・。詳しい方、教えてくださいな。

首をひねっていると、ニワトリは白から見事な鶏冠を持った黒い雄鶏に変身して、tokageの頭に乗っかりました。

そこでイメージ終了。あまりさえない終わり方ですよねー(苦笑)。この日、一緒にアチューンメントを受けた2名は、「スピリチュアルなことに興味はあるけど、アチューンメントは初めて」という方々だったので、tokageに対して「すごーい!」という感想を持たれたみたいで、面映かったです。

タダ単に経験の賜物だってばー。

天使様たちによると、tokageにはレベル4までアチューンメントを受けてもらいたいそうなので、とりあえずぐわんばってやってみたいと思います。・・・と思ったら、レベル1の1週間後にレベル2を受けることになってしまいました。うーむ、これぞまさに神業。ちゅーわけで引き続きレポートしてゆきたいと思います。(今回に比べたらはるかに短いけどね)

不思議したくて冒険したくて⑥ 

天使様の厳しさを嘆くtokage、しかし天使様は情け容赦ありません。

「感情の調和」のエネルギーを、アチューンメントしていただきた時のことです。

意識世界で、tokageは以前住んでいた家にいました。

家に入ると、かつて飼っていた猫達がtokageを出迎えてくれました。そして亡くなった父も。

この先、一生目にすることはないだろう、25年生活した懐かしい家。これはこの空間でリラックスしなさいという、天使様のお告げに違いありません。

嬉々として、tokageは猫達をまとわりつかせながら、庭に続くガラス戸を開けました。

懐かしい風景をしみじみ味わっていると、ふいに庭の土が盛り上がったと思ったら、

大量の黒光りする台所昆虫Gが、いっせいにこちら目掛けて飛んでくるではありませんか!!

tokageの天敵、幽霊よりも怖いGの来襲です。

思わず「助けて!!!!!!!!!!!!!」

叫んだ瞬間、すべてが消えました。Gはもちろんのこと、懐かしい家も。なにもない真っ白な空間に、tokageは天使様と一緒にいました。

「なんで、こんな酷いものを見せるの!」天使様に詰め寄るtokage。

「あなたの心が過去に囚われているからです。 思い出は思い出として、意識は未来に向かってゆかなければなりません」

うぬぬ・・・。うぬぬぬぬぬぬ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。天使様はなんでも知っている。

東京に引っ越してきて、スピの勉強が気軽に出来る環境になって、たしかにtokageの人生は拡大しました。でもね、いつも住み慣れた土地を恋しく思っていました。だって25年も住んでいたんだもん。

過去の生活パターンを打ち壊して、今の環境を生かして、いろんな事にチャレンジしなさい。そして真っ白な心に、自由に未来を描きなさいと仰りたいのでしょうね、天使様は。

この話をしたら、先生が「Gはtokageさんのマイナスの意識が形になったのかもしれませんね」と言われて、思わず膝ポン!

やっぱ他人に視てもらうのって大事ですね。

その夜のことなのですが、tokageはまた、家の夢を見ました。

かつての自室にて、床の隙間から這い出てくる羽蟻を、文句言いながら小型掃除機で吸い取っている夢です。

自然が豊かだったから、夏になると羽蟻に悩まされていたのですよ。

これもtokageのマイナスの意識が具体化したものなのでしょうか? G→羽蟻に変化したと言うことは、tokageのなかで何かが変わったのでしょうか?
sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。