スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議したくて冒険したくて⑤

この記事を書こうと思って、いただいた資料をよくよく読んでいたら、「調和のエネルギー」、感情面に働きかけるそうです。にゃるほど。

さて、「健康のための調和」というエネルギーを、アチューンメントしていただいた時のことです。

咽喉がふわーっと広がる感覚がありました。ピンクのエネルギーのオーラが幾重にも重なって、tokageの咽喉から光を放っていると思ったら、オーラが花に変わりました。

淡いピンクで筋がたくさん入った、蓮の花びらのようでしたが、これまたパッカン! と大きく開いたその姿は、最初に見た一重のバラに似ています。

もうちっと慎み深くても良いと思うのですが・・・(涙)。

意識世界で妖精サイズになったtokageが花のなかでくつろいでいると、いきなり花が大きく揺れ始めました。

「なにごと!?」と思いながら地面を見ると、巨大なクワガタ虫が、花の茎を折ろうとしているではありませんか!

そして大きくと鋭いクワガタの牙に、茎は引きちぎられてしまいました。折れた茎から再び花が咲くのですが、クワガタは執拗に花をちぎろうとします。

思わず「天使様、助けて!」と叫ぶと、

「自分で戦いなさい!!」

剣を手渡されてしまいました。

天使様のどケチ!

しかたなく、虫と空中戦を繰り広げるtokage。なぜか「ハレルヤ」が響き渡っています。しかもエンドレス。

はれるやぁ~はれるやはれるやぁ~はぁれるやはれるやはれるやぁ~はれるやはれるやはれ~るやぁ~(以下略

やかましいわ!!

不思議なことに、クワガタを切れば切るほど、tokageが手にしている剣のグレードは上がってゆきます。

ようやく虫の頭を切り落としたtokage。

「これはいったい、何ですか?」天使様に尋ねると、

「これはあなたの行動や感性を制限し、阻もうとする、社会や周囲の意識体です」

な、なるほど、なるほどねぇ・・・。

気がつくと花の中にtokageのインナー・チャイルドが座っていました。どうやら怪我はしていない模様。

「よかった、無事だったんだね」

tokageは自分のチャイルドを抱きかかえると、これまた太陽目掛けて飛んでいってタイム・アウト。

今回の天使様のお答えは、tokageにとって奥深いというか、思い当たる節が多々あり、なおかつ目をそらしたい部分でもありで、ちょっと厳しかったかなぁってカンジです。

いいじゃないか、人間だもの。
スポンサーサイト

不思議したくて冒険したくて④ 

「生命エネルギー」の伝授が終わると、次は「聖なる調和をもたらすエネルギー」の伝授です。

最初のエネルギーが「とにかくパワー上等!」だとすると、次のエネルギーはパワーが知性を持っているという感じでしょうか。

これも最初にエネルギーを通すためのチャンネルを開くのですが、目をつぶっていると、目の前にバラの花の映像が浮かびました。

一重のバラで色は深紅、おしべやめしべに近い部分は黄色です。

サイキックでも自分をバラの花に見立てて、リーディングするワークがあります。このバラはtokageを象徴しているのでしょう。

地味な姿かたちにガッカリしていると、傍に天使がいて、

「どんな過酷な条件にあっても、花は自分の持てる力全てを注いで、精一杯咲いています。

なんの努力もしていないあなたが、何故そんなに文句を言うのか」

返す言葉もございません。天使様、厳しいぃ~。

顔を上げると、そこは一面一重のバラが咲き誇っていました。少し離れたところに、森の木立が見えます。

一つ一つのバラにアンディ・レイキスタイルの透明な妖精たちがいて、みんなで一緒に輪になってマイムマイムを踊っています。tokageもその輪に加わります。

やがて輪が帯になって列を作ると、空に向かって飛び始めました。

森の木立を横切り、緑に覆われた急斜面に沿って海に向かい、海面すれすれで太陽に向かって方向転換します。

真っ白な光に包まれたところで時間切れ。

今までのような壮大さは無いものの、中々パンチの効いたヒーリングアチューンメントでした。

はぁ~、それにしても天使様キッツイわ~。

「文句を言うな、努力しろ!」ってことね。

愛=優しさじゃないってことか。わかっているの、わかっているの、わかってはいるんだけどぉ~。

まだまだまだまだまだまだ・・・(以下略、悟れないtokageなのでありました。

不思議したくて冒険したくて③ 

セラフィム・ブループリントには、いくつか実習をするものがありまして、「クリスタルをエネルギーで強化する」アチューンメントも、そのVerでした。

エネルギーをアチューンメントしていただいた後、各自でクリスタルを浄化&エネルギー注入の練習をするのですが、実はアチューンメント中に、クリスタルのエネルギーチャージを終了させていたtokage。

やろうと思っていたわけではなく、勝手にチャージされてしまったのですよ。

困ったなと思いつつ目を瞑ると、手にしていたクリスタルから真っ白い光が発射され、馬の形になりました。まぁ、なんでもありの意識世界ですからね。不思議じゃありません。

背中に翼、額に角を持つその姿は、ペガサスとユニコーンを合体させたかのよう。略してユニペガ。

実習に入る前、クリスタルを床に落としてしまいまして、そのことを謝ると、

「いいってことよ、姐さん」

ね、ねえさん!???????

眼を剥くtokageにかまわず、ユニペガは続けます。

「それで、誰をヒーリングするんだい?」

「えっと、・・・今は特にいないんだけど・・・」

小さく舌打ちすると、ユニペガは頭をふりふり、

「いけてねぇなぁ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もはや言葉もなし。

ユニペガの背中に乗って宇宙空間を散歩していると、遠くに白く輝くシルエットが見えました。

ちょうど松の盆栽を、土ごと鉢から引っこ抜いたような形です。

その物体の真上まで行くと、まぶしくてよく解らないのですが、樹のようなものが真ん中に生えています。

「ああ、世界樹(せかいじゅ)だ」

と思ったところで、時間切れ。

天使様ってば、いつも良い所で止めちゃうんだからー。

それはともかく。クリスタルヒーリングの世界に足を踏み入れて早2年。

クリスタルと会話を交わせたのはこれが初めてなのですが、「姐さん」かぁ・・・。

うーん、心中かなりフ・ク・ザ・ツ。

不思議したくて冒険したくて②

過去生を書き換える・・・そんな事は可能なのか!?

と、思われるかもしれませんが、可能です。ヒプノの手法にあるんですね。tokageは習ったことはないのですが、門前の小僧なんとやらで、出来ないことはないでしょう。

とりあえず大元の原因である18世紀の過去生の人生を、「相手に押し切られて渋々結婚したけど、案外仲良し夫婦になっちゃった」に書き換えました。

そして問題の過去生に再びジャンプ! すると・・・なにもしていないのに人生が変わってるっーーーーーーー!!

恐るべし、書き換え。

ダンナを恨みまくってた人生から「無事出産→内縁関係で不安はあるけど、幸せな家庭→孫可愛さにダンナの両親が結婚を許可」になっていました。

すごいぞ、tokage! ただ、惜しむらくは本当に過去生が変わったのか確認できないことです。名も無き一般大衆だったからなー。

過去生の書き換えが終わると、tokageの目の前には長い廊下が伸びていました。両壁にずらっと扉が並び、廊下の入り口には「浄化が必要な部屋」と描かれたプレートが貼ってあります。

「やれやれ・・・」と思いながら一番手前のドアを開けると、宇宙空間が広がっていました。

宇宙空間の浄化なんて、不肖のtokageにゃ、むりむり。とばかりに宇宙遊泳を決め込んでいたら、時間が来てしまいました。

・・・・・・・腎臓のエネルギー調整のアチューメントをやっていた筈だよね???

話は変わりますが、スピの勉強を始めて以来、ちょくちょく胃痛に悩まされていたtokage。小さい頃はストレスで胃痛を起こしていましたが、実は前世でも怒りと憎しみを胃に溜めて、胃痛で寝込んでいたんですよねー。亡くなった理由も胃がんじゃないかな。

アバンダンティアのアチューンメントを受けたとき胃が「受け取れない」ブロックを持ってると指摘されました。

前世でも旦那が必死に手を差し伸べても、頑として受け付けなかったんだよねー。

過去生が癒されたからには、現世の受け取りベタも解消できるのでしょうか!?

不思議したくて冒険したくて

行って参りました、セラフィム・ブループリントです。

古代アトランティスの時代に、天使のグループが創造したという宇宙的なエネルギーシステムで、エネルギー伝授の際に天使を召還するという、話だけ聞くとディープですが、実際のアチューンメントは拍子抜けするほど静かでした。手刀を切る気配がない分、reikiよりよほどピース&カーム(笑)。

このエネルギー、初期のユダヤ人神秘家に受け継がれたということで、説明を聞いていると、なるほどなんともユダヤ教的(エネルギーの種類を厳密に分けるところが)。
レベル1では生命力エネルギーと調和をもたらすエネルギーの2種類をアチューンメントされるのですが、それぞれのエネルギーをさらに6種類に分けるのですから、大雑把なB型人間のtokageにゃ、死んでも真似できない几帳面さです。

このセラフィム・ブループリントは、アチューンメントの際に各人のエネルギーに合ったオープナーと言うクリスタルを手渡されるのが特徴です。

tokageのオープナーはローズクォーツでした。形も大きさも、まんまウズラの卵。もっと大きなブツを想像していたtokageは、ちょっとガッカリ。

最初にエネルギー回路をオープンにするアチューンメントを受けました。

この時、イロイロ観えたのですが、すみません、何を観たかすっかり忘れました(汗)。

で、3番目の腎臓のエネルギー調整を受けたときのことです。

アチューンメントやヒーリングは、申し込んだ時点から始まると、よく言います。アバンダンスを申し込んだときが、その状態でした。そして今回もまた・・・。

実はアチューンメントを受ける前々日あたりから、過去生をたびたび思い出していました。

以前の日記に書きましたが、tokageは恋人に捨てられ、非常に辛い状況で子供を亡くし、その恋人と結婚したものの(ここの流れがよく解らないんだよなー)、終生彼を許さなかったという過去生があります。

現世にもっとも近い過去生であり、今のtokageの根深いトラウマの元でもあります。

エネルギーをアチューンメントされて、瞑想状態に入ると、その過去生の映像が見えてきました。相変わらず花王愛の劇場状態。ドラマチックだけど生産性がない人生です。

結果には原因が必ずあります。この過去生の原因となったものはなんだろう・・・とさらに奥深くに入ってゆくと、18世紀ごろでしょうか? tokageは美貌を武器に、心をもてあそぶ職業不詳の悪女(爆笑!)でした。

tokageに恋していた元・旦那は、tokageに散々純情をもてあそばれ、絶望した挙句自殺してしまったのでした。そして次の人生ではtokageをポイ捨てしたと・・・。まさにめぐるめぐるよ因果はめぐる~♪
悪いことは出来ません。

それはともかく、とりあえず何とかせねばと考えたtokage。ふとナイスなアイデアを思いつきました。

「そうだ、過去生を書換えよう!」

・・・長くなるので、続く(確定申告の準備もあるのに! 大丈夫か、tokage!?)。

地獄の釜から

頭一つ分這い出してきました、tokageです。

いやーここんとこ、ずっと調子が悪くてですね、死にそうになっていました。一昨日の夜を境に、ようやく絶不調の底から、ちょっとだけ這い出すことができたので、まだ本調子ではないのですが、久しぶりにブログupをば、したいと思います。

2月14日のバレンタイン、義理チョコも友チョコの相手すらいないtokageさんは、アバンダンティア・アバンダンス・レイのアチューンメントを受けていました。

最近ようやく気付いたのですが、tokageすごく自己評価が低いんです、言い換えると自分に厳しい。こーゆータイプって、俗に言う受け取りベタなんですね。

目の前に幸運があっても、自己否定から「私なんて・・・!」と言って拒否するから、幸運を逃してしまう・・・と。

アンラッキーな人生より、ラッキーな人生の方が生きている甲斐があるってもんですが、それとは別に、自分を低く見ていると生き辛い。いや、ホンマでっせ。

tokageが鬱症になったのも、この自己評価の低さが原因のひとつでした。いい加減、ここらで受け取りベタのブロックを外したいつーことでアバンダンティア様のアチューンメントを受けることに決めたのでした。

ま、安定した経済基盤が欲しいのが本音だけどね。

ところが。申し込んだその日からもんのすごい倦怠感に襲われ、アチューンメント当日は頭&肩&目がズキズキ痛いのなんのって。

あまりの痛さにケチなtokageが、思わずヘッド・スパを申し込んじゃったくらいだよ。さっそくお金使ってんじゃん、どーなってんのさ、アバンダンティア様。

アバンダンティア様のアチューンメントを受ける際にコイン(日本のお金でも良し)を用意するのですが、tokageは5円玉にしました。

5円とご縁と洒落込んだわけじゃありませんが、金色の硬貨だし、豊かさの象徴である稲が描かれているし、世界でも類をみない穴の開いたお金だし。

桜は農耕の神様の花なので、100円とどちらにしようかと悩んでいたのですが、体調悪くてぐずぐずしている間に時間が来てしまい、結局5円玉に。これもご縁か(笑)?

布団にはいってエネルギーを待ち受けていると、いきなり物凄い胃の痛みに襲われました。
神経系のキリキリした痛みじゃなくて、満腹なのに無理やり食べ物を詰め込まれているような、ズキズキ系の痛みです。
ひょっとして、エネルギー過多による膨満感?

じっと我慢していると、やがて体の左側にビリビリとしたエネルギーを感じました。不思議なことに、右側はピリピリ程度で大して感じられず・・・。翌日ヒーラーさんからメールをいただきましたが、やはり右側のエネルギーの通りが悪かったそうです。

やがて痛みがうすれ、うとうとし始めるtokage。夢うつつのなかで、tokageは石造りの迷路のような暗い廊下を、光の速さで飛んでいました。

どこまでもどこまでも続く暗い廊下が貧乏くさくて、tokageは手にしていた壷から金粉を取り出し、周囲に撒き散らしました。するとあたりはベルサイユ宮殿に(爆笑)!!

さらに飛び続け、大気圏の上まで上がりました。そして南極の氷やアマゾンの熱帯雨林の上に金粉を降りかけます。地球上のありとあらゆる場所に金粉をばら撒きばら撒き・・・アバンダンスっつーより、花咲爺さん状態です。

大気圏が金色になったところで、地球をヒーリングしていました。そこでアチューンメント終了。

tokageの手元に残った金粉はゼロ! でした。

もっともこれはtokageのイメージで、ヒーラーさんによると、アバンダンティア様はtokageの腕に金色の麦の束をどさどさ落としただけでなく、金貨もたくさん降り注いでくださったとか。よし!

ヒーラーさん曰く、tokageの女性性(受容性)が開こうとしているのに、男性性(理性)が邪魔をして、せっかくの豊かさを逃したり、遠慮したりしてしまう・・・と言うことでした。
あと、胃は「自己表現」のチャクラがあるので、ここがウィークポイントということは、「我慢」「受け取れない」「自分を出せない」ということに関係しているのだそうです。うーむ、耳に痛いお言葉。

最後にアバンダンティア様に宣誓するために、起き上がってマニュアルに目を通したところ、

《好転反応について
風邪をひく、だるくなる、鬱っぽくなる、やる気がでない・・・このテキストを読んだ段階で、浄化は始まります

犯人はお前か!!

女神さまを犯人扱いしちゃ、いけませんが本当に好転反応が激しかったので。しかしアチューンメントを受けた直後、劇的に体調が良くなりました。まだまだあっちこっちに痛みや不調や倦怠感は残りますが、いままでに比べればはるかにマシ。

最低でも11日間は宣誓を続けないとイカンそうなので、ぐわんばって続けたいと思います。うーむ、11日後にどう変化しているか。

一度アチューンメントを受けると、他の人にも伝授できるそうなので、ちょっと練習してみたいと思います。さて、我こそはと思う勇者はどこにいるかな?
sidetitleプロフィールsidetitle

AKIKO

Author:AKIKO
サイキックカウンセラー
クリスタルを使ってヒプノセラピーやリーディング、カウンセリングを行っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。